日本時間11日2時46分ごろ,東北地方太平洋沖で大規模な地震が発生しました。

その後地震は次々と東日本に広がり、大津波を始めとする大規模な災害を巻き起こし、事態は未だ収束しておりません。

JaNetでは急遽「東北地方太平洋沖地震」対策室を緊急設置致しました
これから情報のアップデートをはじめ、様々な対応を行ってまいります。

義援金の寄付は、左のサイドバー上にある「PayPal」経由で行って頂けます。

気象庁によれば気象庁の記録が残る1923年以降国内最大の地震だとしています。
また,報道によれば,各地域において甚大な被害が発生している模様であり,一部地域では電話も不通となっております。

JaNetの最新情報をいち早くお受取りいただける、メールマガジンの購読はこちらからどうぞ

 

※このページをプリントアウトする場合、FireFoxでは最初の1ページしかプリント出来ないことがあります。
お手数ですが、FireFox以外のブラウザをご利用ください。

 

下記は日本領事館からの情報となりますが、本邦家族の安否確認は,以下を御利用ください。

避難所の名簿をアメリカから見る方法

携帯電話から日本へ無料で電話

(Joyさん、情報ありがとうございます)

速報(日本のテレビ放送)

  • http://live.nicovideo.jp/
    ニコニコ動画生放送、上記リンク先に生放送中の各テレビ局公式番組が視聴できます。
  • http://www.ustream.tv/
    USTREAM、上記リンク先に生放送中の各テレビ局公式番組が視聴できます。
    また、モバイル(iPhoneやAndroid)用のアプリを利用すると、モバイルでも快適に視聴できます。
    その場合、「モバイル用低ビットレート」などと書いてあるものを選択してください。

連絡方法

非難場所

(大黒さん情報ありがとうございます)

使える道路、使えない道路

Googleで、自動車通行実績マップを公開しています。

News

  • http://cnnpressroom.blogs.cnn.com/2011/03/11/breaking-news-8-9-quake-hits-japan/
  • 官邸 平成23年(2011年)東北地方太平洋沖地震への対応
  •  
    【Twitter関連】

    災害用伝言板

    米国内のテレビ

    Time Wanner (天野さん情報ありがとうございます)

    TimeWannerのTVのAcctを持っている方は、Channel の541でJapan TVを見れるようになっているようです。
    御自宅の541のチャンネルで試してみて下さい。

    その他のテレビ

    (大森さん、情報ありがとうございます)

    Cablevision (CH: 265), RCN (CH: 504),Verizon FiOs (CH: 1770) and DISH Network (CH: 640)
    でもみられるようになりました。

    日本経済新聞

    電子版では現在、特別対応として、有料会員限定記事も無料でご覧いただけるようにしています。

    http://www.nikkei.com/

    さらに、3月13日の新聞はすべてPDFで見ることができます。

    計画停電の情報

    現在、災害地区においては原子力発電所だけではなく火力発電所も停止しており、電力が不足しています。
    これに伴って関東地方では特定エリアごとに順次停電を実施することによって節電をし、
    突然の停電による人命等への被害を最小限にしようとしています。

    政府は国民や企業に対して節電を呼びかけており、電鉄企業などが終日運休や本数の大幅削減を発表しています。

    計画停電の対象地区詳細については、下記のとおりです。

    <計画停電のグループ別時刻>
    栃木  http://www.tepco.co.jp/images/tochigi.pdf
    茨城  http://www.tepco.co.jp/images/ibaraki.pdf
    群馬  http://www.tepco.co.jp/images/gunma.pdf
    千葉  http://www.tepco.co.jp/images/chiba.pdf
    神奈川 http://www.tepco.co.jp/images/kanagawa.pdf
    東京  http://www.tepco.co.jp/images/tokyo.pdf
    埼玉  http://www.tepco.co.jp/images/saitama.pdf
    山梨  http://www.tepco.co.jp/images/yamanashi.pdf
    静岡  http://www.tepco.co.jp/images/numazu.pdf

    1回の予定時間のうち、3時間停電する
    • 第1グループ 6:20-10:00 16:50-20:30
    • 第2グループ 9:20-13:00 18:20-22:00
    • 第3グループ 12:20-16:00
    • 第4グループ 13:50-17:30
    • 第5グループ 15:20-19:00

    在留資格(ビザ)と就労許可に対する特別措置

    米国移民局から特別措置の発表がありました。
    今回の災害で、ビザ期日以内に帰国できなかったビザ保有者に30日間の滞在延長許可がでています。

    また、ビザなしの方にも同様の措置が取られる模様です。
    帰国できなかった方やオーバーステイになってしまった方々に教えてあげて下さい。

    詳しくはこちら

    日本語訳(各自の責任においてご利用ください)

    最新情報アップデート(3/11現在):
    東北太平洋沖地震/津波の影響により、米国より帰国出来なくなった日本及び他の太平洋沿岸諸国民の救済措置について。

    本発表は、東北太平洋沖地震/津波の影響から、米国より出国出来なくなった日本人
    及び他の太平洋沿岸諸国民を対象としています:
    米国滞在期間を超過した方、あるいはもうすぐ超過する方は、最高30日間まで滞在期間を延長することが可能です。

    VWP(米入国ビザ免除制度)にて旅行中の方:
    *現在すでに空港にいる方は、空港内の税関あるいは国境保安局(Border Protection Office)にお問い合わせください。
    *その他の方は、米国移民局(U.S. Citizenship and Immigration Services Office)までお申し出ください。

    一時渡航査者用査証にて旅行中の方:
    米国移民局(U.S. Citizenship and Immigration Services office)までお申し出ください。
    *その場合、パスポート、出国不可を証明する書類(旅程、キャンセルされた航空券など)及び
    I-94(出入国管理カード)をご持参ください。

    その他の救済オプションについては、特別措置ウェブページ(the Special Situations Web Page)をご覧ください。

    U.S. Citizenship and Immigration Servicesは、特殊な状況下における滞在期間延長や就労許可などの特別措置を、
    今回の震災にも適用する方向で動き始めたとの第一報が入りました。
    これまでにはチリとグアテマラの災害に対して特別措置が実施された実績があります。
    該当する可能性がある方は、現在お持ちのビザの申請で利用された移民弁護士や、申請補助ボランティアなどにご相談ください。

    経済的に困窮されている学生さんに対するボランティア活動も始まっていますので、
    そういった場合はJaNetにご相談いただければ可能な限りご紹介いたします。

    詳しくはこちら

    ボランティアを募集している団体

    日系ライオンズクラブ JALCC、街頭募金のボランティア

    義援金活動担当:

    等々力 (516)769−1683
    石川  (917)622−5987
    加納  (914)433−3210
    相田  (646)623−1054
    伊藤  (917)579−5737
    またはinfo@nyjalc.org

    義援金を受け付けている団体

    日系ライオンズクラブ JALCC

    1. 小切手の場合
      小切手の宛先:JALCC  (or Japanese American Lions Club Charities,Inc.)
      小切手の送り先:JALCC
      15W 44th Street, 11th Floor,
      New York, NY 10036
      小切手の備考欄に「震災救援」とご記入ください。
    2. 現金の場合
      この方法での寄付については下記までご連絡下さい。
      相田  646−623−1054 又は、加納  914−433−3210

    東北太平洋沖大地震:携帯電話による寄附先ショートコード・リスト

    (情報:田場さん、ありがとうございます。)

    日本の地震/津波被害に対し、携帯電話にて寄付を希望する方は、以下より可能です。
    主な電話会社は、携帯電話義援金寄付に関わり送信されるテキスト・メッセージは、無料にてサービスを行っています。

    なお、このリストに追加する寄付先をご存知の方、コメントがおありの方は、当方までお知らせください:

    • 米国内
      “JAPAN”あるいは”TSUNAMI”と書き込み、20222へ送信(Save the Children Federation, Inc.へ$10寄付)
      “4JAPAN”あるいは”4TSUNAMI”と書き込み、20222へ送信(World Vision, Inc.へ$10寄付)
      “MERCY” と書き込み、25283へ送信(Mercy Corpsへ$10寄付)
      “SUPPORT” と書き込み、85944へ送信(ADRA Relief for Japan tsunami victimsへ$10寄付)
      “MED” と書き込み、80888へ送信(Assist International Medical Corpsへ$10寄付)
      “JAPAN” と書き込み、80888へ送信(Salvation Armyへ$10寄付)
      “REDCROSS” と書き込み、90999へ送信(American Red Crossへ$10寄付)
    • カナダ
      “ASIA”あるいは”ASIE” と書き込み、30333へ送信(The Canadian Red Cross Societyへ$5寄付)
      “QUAKE” と書き込み、45678へ送信(The Salvation Army in Canadaへ$10寄付)
      “GIVE” と書き込み、45678へ送信(UNICEFへ$5寄付)
    • イギリス
      “GIVE” と書き込み、70707へ送信(Disasters Emergency Committeeへ£5寄付)