3月11日の日本大地震/津波を受け、JaNet主催/協賛で開催されたベネフィット・コンサートは、皆様のご厚意により、大成功のうちに幕を閉じました。

大江千里/敦賀明子、松川ケイ、大竹史郎、クリス・リンド、河村舞、 Ryutaroなど日米ミュージシャンの演奏、サムライ・ソード・ソウルの パフォーマンスで盛り上がった3月24日の「東北関東大震災/津波救済 ベネフィット・コンサート:Give a Hand, Take a Hand」(JaNet主催)は 約200人、4月5日、日本より渡辺美里を迎えた「渡辺美里/大江千里: 東北関東大震災チャリティ・ライブ in ニューヨーク」(JaNet協賛)は 240人と、いずれも会場の定員数を上回る大盛況となり、義援金も両方合わせて$8,000以上を、皆様からお預かり致しました

※3月24日開催「東北関東大震災/津波救済 ベネフィット・コンサート:Give a Hand, Take a Hand」(JaNet主催)より
PHOTO by : Kenji Mori

3月24日に集まった義援金は、早速JaNet地震救済基金の一部として、 JaNet理事の手により被災現地まで、直接届けられました。

4月5日の 義援金は、先日大江氏と共にJapan Societyへ手渡して参りました。

インフラの再整備だけでも、5~6年かかかると言われる今回の地震被害。
日本の完全復興には、最低でも10~15年はかかると予想されています。

JaNetでは、今後もチャリティ・イベントに限定せず、地震/津波救済 募金活動の一環として、日本がまだ始まったばかりの苦境を乗り越える日まで、様々な企画の立案/主催/協賛を継続していく所存です。

今後とも、JaNetの活動に対する皆様のご支援、ご協力を、よろしくお願い申し上げます。

JaNet事務局長
Noon Tan Music代表/プロデューサー
中西純