シリーズ「FJMNがモバイル決済大国中国へ視察!!AlibabaのAlipay(アリペイ)レポート」 第二回 Alipay(アリペイ)のなにがすごいのか。

 

◆では、何がすごかったのか。
Alipayのアプリは、単なる支払いのアプリではないという点。
実際、筆者もダウンロードしてみました。
そこには、Wealth Management , Education & Public Welfare, Third-party Servicesといったカテゴリーがあり、保険、株、融資(ローン)といった金融サービス、大学の授業料の支払、またUberの配車サービスからレストランの予約までをワンストップで行う事が出来る点でした。(写真参考)
このようにモバイル決済(支払)をベースにした、プラットフォームができている。

また、最近中国での流行は、自転車のシェアサービス。(アメリカでいうCiti Bikeです。)確認しただけでも5社この自転車シェアサービスに参入していて、歩道は自転車であふれていました。もちろん、この自転車シェアもAlipay(アリペイ)の支払いが可能(モバイル決済のみ)であり、使用者の位置情報もわかるようになっています。中国は、自転車社会でもある事からこの事業が大ヒット。本当に多くの中国国民が利用していました。(写真参考)

特に筆者の興味を引いたのが金融サービスです。銀行からの融資を受けられなくても、Alibabaが運営する金融サービスを利用すれば、Alipayでのクレジットヒストリー等をAlibabaのAIが審査して融資を受けられる。また、Alipay内でのクレジットスコアが高い人を集めた、婚活パーティまで存在しているようです。

つづく。
次回はシリーズ最終回
Alibabaはいまの、Amazonの目指している事を実現しつつある?

(文責: Kazuhide,Toake)

21743026_1628462107224132_5507949818690034953_n 21728494_1628462110557465_2410696203978489541_n 21731309_1628462193890790_610941818844053871_n 21728512_1628462197224123_2356155623966987353_n