企業お伺い

11145912_912583472145336_5789991399383374846_n (2)

ー『人間として何が正しいのか』メンター企業のJAL様への訪問ー

ー『人間として何が正しいのか』メンター企業のJAL様への訪問ー
JAPAN AIRLINES (JAL) 米州地区支配人NY支店長の木村啓様と、NY支店営業所長兼総務部長の太田裕之様にお会いしてきました。お二人にはJAL様の経営理念から人材の雇用・育成、お二人の学生時代の経験など、たくさんのお話しをしていただきました。また、私達の質問にも丁寧に答えていただき、とても実りのある貴重な経験となりました。  木村様からJAL様の徹底的意識改革について、フィロソフィーと呼ばれる『人としてなにが正しいかを判断の軸にし行動』、『悲観的に計画し、それだけ徹底的に計画したのだから、楽観的に実行する』という理念を社員全員が考えて行動していると教えていただきました。

11145912_912583472145336_5789991399383374846_n (2) 11951409_912583468812003_3454386086266968175_n

木村様に若い頃から意識すべきことについてお聞きしたところ、学生時代の友人、知識の吸収を大切にすることを心がけるべきと教えていただきました。学生時代の友人が現在の仕事の助けになったり、大学生の頃までに学んだ知識は時を重ねてもなかなか忘れないと仰っておりました。特に法律に関する知識は社会に出てから重要だと感じたそうです。

太田様は自由度の高い会社で、中国路線の新規開設にも携わり、新規路線を自分達の力で開設させた達成感についてもお話ししてくださいました。JALは自分の企画が通りやすく、企画力を発揮できるとても働きがいのある現場で、太田様の夢である海外への赴任も実際に叶っています。このようなことから、人財を大切にするというJAL様の経営理念が感じられました。

社員に対しては自由な発想、リーダーシップ、即戦力を求めているJAL様の社風を改めて感じ取ることができました。木村様、太田様、この度は大変有意義なお時間を本当にありがとうございました。 (文責 安達友基)

11247970_892171570853193_985866907240140013_n

共同通信社ニューヨーク支局への伺い

FJMNメンバーが共同通信社ニューヨーク支局長の尾崎元様、経理・総務担当の高野和貴様とお話しする機会を頂きました!毎朝、新聞やネットのニュースから1日を始める方は多いと思います。メディアや報道は私たちの生活に一番近い業界ですが、マスメディアの方々の仕事ぶりについて、多くの方はあまり詳しくご存じないと思います。  今回私たちは共同通信社ニューヨーク支局に伺いました!尾崎様は大学卒業後共同通信社へ入社、日本各地の支局、さらに海外の複数の支局にも勤務し、湾岸戦争時にはイスラエルのテルアビブ支局長でした。 共同通信社は、国内外のニュースや写真、動画、グラフィックなどを日本国内の新聞社、放送局などに配信しています。日本は全都道府県に支局を持ち、海外では42都市に総支局を置いています。

11825692_892171574186526_2336740734276600911_n

普段は気にすることのない報道の裏側。共同通信社で海外支局に派遣される場合、基本的に1人で記事を書き写真まで撮るそうです。今回の訪問では、事業説明のビデオや実際のお仕事で使われている資料を見せていただきました。

世界の中心であり、国連本部があるニューヨークで起きていることを日本や各地に伝達する大変責任感のあるお仕事の中で、尾崎様から「自分の書いた文章を他の人に読んでもらい、評価してもらうことは嬉しい」とジャーナリズム精神を教えていただきました。

11247970_892171570853193_985866907240140013_n

最後に海外にいる若者へのアドバイスとして、「日本のことも知っておくべき」という教えをいただきました。海外で生活していると日本のことを忘れがちですが、日本人のアイデンティティを大切にし日本人として自分の意見を持つことの大切さを、さまざまな地域で国内外のニュースを公平に伝える重要さをご経験された尾崎様から学びました。尾崎様、高野様お忙しい中本当にありがとうございました。(文責:小松)

11755093_885148448222172_3450963134383299433_n (1)

マイナビ東京への伺い

私たちのメンター様、マイナビUSAの大澤様にお話を伺う機会を得ました。今回は一時帰国中のお忙しいところをFJMN帰国メンバーがグループカウンセリングという形で都内のオフィスに伺いました。ニューヨークで多くの学びを得た帰国メンバーも、”自分軸”の形成の中で、前進と同時に迷いもあります。大澤様はグローバルキャリアカウンセラーの資格をお持ちで、これまでも約130大学を訪問し、約5千人の学生の国際キャリア支援をされています。また、ご自身も日本の大学と迷いながらもアメリカへの進学を決めた経緯をお持ちです。そんな大澤様の豊富な、生きた経験をシェアして頂きながら、帰国メンバーの個人的な相談までさせていただきました。

その中で教えていただいた目標設定の為のアドバイスは”SMART”goalです。目標設定は、S:specific、M:measurable、A:attainable、R:realistic、T:timelyであれというものです。重要な概念を再認識しました。

11755093_885148448222172_3450963134383299433_n (1)

お忙しい中、若い私たちに貴重なお話をシェアしてくださるメンター様に感謝すると共に、FJMNとしてもネットワーク形成をさらに発展、永続化していく決意です。大澤様、お時間いただき有難うございました。
マイナビUSA HP:http://usa.mynavi.jp/ja/
(文責:伊藤)

山田氏との集合写真

Maypro Industries会長兼CEOの山田進様への伺いの報告

2015年6月9日、FJMNメンバーがMaypro Industries会長兼CEOの山田進様とお話する機会を得ました! 自然豊かなNY郊外ウェストチェスターにMaypro industriesの本社があります。創業者兼会長の山田様は幼少期をバンコクで過ごし、神戸外大、大阪市立大、バルーク大Business Schoolを卒業しました。1971年に化学品専門商社の駐在員として渡米、仕事をしながらでも夜は大学院に通い、常に新しい知識を学ばれたそうです。山田様は学校で学んだ様々な知識は起業したあとにも全部活用することができたと仰っていました。1977年にアメリカで起業し、毎週100時間以上働くを続け、現在アメリカ、日本、中国に6つのオフィスをもつ世界でも最も大きなサプライヤーの1社となっております。

山田氏との集合写真統合

会長である山田様は同時に経営者勉強会、盛和塾のNY元代表世話人です。Maypro Industriesはグローバル企業として多国籍社員を率いるなかで、山田様は盛和塾の「社員の幸せに」という理念を重要視にして居られます。本社でお会いした社員の方も凄く優しく私たちと接して頂き、所々幸せにを感じることができました。

最後に「人類の最後の日まで存在する企業になる。」、「人類が地球から離れ、銀河系の色々な地で文明を繁栄しているときでも、我が社は存在している事のを目指す。」と教えていただきました。一企業の利益だけでなく、人類の幸せも考えている山田様の教えにFJMNメンバー一同圧巻しました。山田様、大変有意義なお時間ありがとうございました!(文責:全)
Maypro Industries HP: http://maypro.com/ja

東レ様のロゴの前での集合写真

Toray Industries (America), Inc.への伺い

Toray Industries (America), Inc.(以下東レ)様をお伺いしました。東レ様は、合成繊維・合成樹脂をはじめとする化学製品や情報関連素材を取り扱う、世界でも有数の大手化学企業です。

11203063_847047652032252_2871602902140198008_n

東レ様のオフィスで話を伺っている様子


東レ様よりお話をして頂く中で、多岐に渡る事業をお伺いし、改めて圧倒されました。今や定番となったヒートテックの繊維や、航空機等に使用されている高機能材料の炭素繊維、医療品開発等に加え、今後幅広い分野での活躍が期待される新技術や新産業に関わる事業開発についてもご説明頂き、最先端技術で「新しい価値の創造を通じて社会に貢献する」という東レ様の強い理念を感じずにはいられませんでした。また、アメリカの現在の政策や環境、多くの用例を挙げて説明して頂いた、東レ様の化学技術は、とても興味深いものばかりで、世界の第一線でビジネスをされる、グローバル企業なのだと強く感じました。

東レ様のロゴの前での集合写真

東レ様のロゴの前での集合写真

FJMNの活動も「社会貢献をしたい」という初心で、若手を支援するための企業ネットワークを構築しています。東レアメリカ社長の森本様から「やるべきことをやる。聞く耳を持ち、現場をしっかりみる」という普段から意識するべきとても大事なお言葉を頂き「今自分のやるべきことは何なのか」と、考える大切さを確認しました。改めて、森本様、後藤様、播口様、増田様、お忙しい中貴重な機会を設けて下さり、有難うございました。