18268191_1469168019820209_4882502316719741024_n

Google ニューヨークオフィス(矢吹大輔氏)にお伺いさせて頂きました

4 月 26 日水曜日、マンハッタンはチェルシーに位置する Google ニューヨークオフィスにて相 互情報交換をさせて頂きました。今回はサイトリライアビリティエンジニアとしてご活躍されてい る矢吹大輔氏のご協力により、オフィスツアー、ディスカッションを交えたディナーを通じて、 FJMN の活動を理解頂くと同時に、今後の活動に繋げるべく交流を深めることができました。矢吹氏から は普段のお仕事風景から、企業の経営理念まで、非常に丁寧に情報提供頂きました。

Google のオフィスを見学して一番印象的であったことは、遊び心あふれる職場環境です。各フロ アごとにコンセプトが決まっており、各施設もそれに合わせて構成されています。例えば”ニュー ヨーク”をテーマにしたフロアの会議室には、”Empire State”などニューヨークにちなんだ名前がつ けられており、従業員の方々が自由に使用できるマイクロキッチンはニューヨークの地下鉄をイ メージしてつくられています。”四季”をコンセプトとしているフロアには、春夏秋冬それぞれに ちなんだ植物が植えられ、会議室や家具の色一つ一つまで季節ごとに統一されています。”パノラ マ”と名付けられたカフェはその名の通り、マンハッタンの町並みを一望できるよう設計されてお り、刻々と変化するマンハッタンの景色を楽しみながら食事をすることができます。

私たちはオフィスと聞くと机を並べて仕事をするところというイメージ持ちますが、Google の オフィスは広々としたスペースのあちらこちらに居心地のいいカウチやカフェテリアを完備し ており、どちらかというと大学キャンパスに近いような自由な印象を受けました。「これが今まで にない新たなものを生み出し続ける世界の Google のオフィスか!」と圧倒されるものがありま した。

そして他の企業にない Google の特徴は、何と言っても従業員への配慮です。従業員同士がそれ ぞれの部署をまたいでコミュニケーションできる卓球・ビリヤード場、疲れを癒すためのマッサ ージルーム、健康を維持するためのトレーニングジム、各国籍の方々に合わせたメニューが選べ るカフェなど徹底しています。またコーヒーの種類、カフェメニューの品揃えなど非常に細かい ところまで従業員の方々の声が反映されているそうです。これは Google 自体が従業員のことを 一番に考え、彼らの満足度を向上させることが、結果生産性向上・売り上げ向上につながるとい うことを立証しているように感じました。

このように多くの選択肢があり、クリエイティブな発想で革命を起こし続けている Google の企 業文化は、日々の仕事の進め方、また企業全体の人員配置にもあらわれています。Google 内部で は、各チームがそれぞれどんなプロジェクトを遂行し、またどんな課題をかかえているかなどオ ープンにしています。部署が違えど、他の従業員がどのような仕事をしているかわかるわけです ね。さらには、社内異動もオープンにされているので、従業員の皆さん自ら志願してやりたい仕 事を選ぶこともできます。

Google のような大企業において、ここまで透明性を保っている事例は他ではなかなか見受けら れないと矢吹氏は言います。やる気・実力があれば、自分のやりたいことを実現できる企業、そ れが Google です。「いろんな選択肢を与えてくれる Google で毎日楽しく仕事しています」と語 る矢吹氏の姿は非常に眩しく私たちの目に映りました。

「ベストパフォーマンスを生み出すには、従業員一人一人が働きやすい環境を作り出す」
創業わずか 20 年足らずですが、その本質をついた経営方針のもと、飛躍し続けている Google に 今後も目が離せません。JaNet としても、このご縁を大切に、引き続き関わることで、ニューヨ ークで活躍されている企業人エグゼクティブのネットワークを構築していきたいと考えます。

(文責 巽万里子)

 

18268191_1469168019820209_4882502316719741024_n

18198510_1467175086686169_3731275224761211168_n

“Go Beyond the View”

“Go Beyond the View”

What we can see in front of us right now is not everything.

But is it possible to go beyond the boundaries of our own perspective and see a different world?

On the evening of April 27, the Manhattan Chamber of Commerce held the “Go Beyond the View” happy hour networking event at One World Observatory.

More than 50 professionals from New York City gathered at the Main Observatory on the 100th floor, which opens out to panoramic views of Manhattan, Brooklyn, and New Jersey.

But, nonetheless, this seemingly expansive view is still limited to just one location.

That is precisely why we must “go beyond the view.”

As each of us, with our own unique background, however “limited” it may be, converse with one another and share our own experiences, we can escape from our limited point of view and bias. As we continuously communicate with others and consider their perspective, we can escape from the tiny world of “me” and enter into a world of diversity.

By Joanna Nishimoto

18198510_1467175086686169_3731275224761211168_n 18194849_1467174893352855_7324728807308310223_n 18222441_1467174693352875_7953443280497027096_n

17796167_1437563819647296_5832913883113303177_n

感謝する大切さとチャレンジ力、Canon U.S.A.Inc.さんに訪問させていただきました

感謝する大切さとチャレンジ力。

3月10日金曜日にLong lslandのMelvilleにあるCanon U.S.A.Inc.さんに訪問させていただきました。
今回のスケジュールとして足達会長へのJaNetとしての活動報告とランチ休憩とCanonのショールームの見学と福島氏、森田氏、純子氏とのQ&Aといった充実したスケジュールを組んでくださりました。

会長の足達さんをはじめ皆さんとても気さくな方達で良い雰囲気の中、JaNetとしての活動報告から始まり、人生の先輩として私たち若者へのアドバイスもたくさんいただきました。JaNetとしてはこれからの方向性をFor JapaneseばかりではなくFor Americaにしてみても良いのではないか。というアドバイスもいただきさらなる可能性を見出すことができました。

皆様大切にされていたのが”感謝”ということでした。
当たり前のことであるけれど、今この瞬間を生きられていることにも感謝しなければいけないし、このようにJaNetとして活動できているのも活動を全面的にサポートしてくれている榮枝さんをはじめとする理事の方、JaNetの仲間、ましてや、ニューヨークの方々,考えれば考えるほど今までの環境がいかに素晴らしかったことであると思います。その素晴らしい環境で怠けていたらいけないと感じました。そのためにも時間を有効に使います。

また、福島氏、森田氏がおっしゃっていたのが
”私たちはいろいろな経験をしてきた今でさえもやりたいことがはっきりわからない”という言葉でした。

私も”私が本当にやりたいことってなんだろう”と自分に自問自答した時にはっきり答えられません。そういう私みたいな人がいるかもしれません。

その時のアドバイスとしていただいたのが、
”焦らなくてもいい、流れに乗ってみろ、自分が興味があることにいろいろ挑戦してみろ、とりあえずやってみろ”という大切なお言葉でした。

その時その時で状況は変わるものだから無理する必要はないと思います。ただ、とりあえずやってみるということは誰にでもできることだと思うので私もこの記事を書くことでさえも最初は不安でしたがやってみて私にもできると自信に変わりました。そうやって自分の自信を増やしていくことも大切なことだと思いました。

(文責 熊本大学工学部情報電気電子工学科 川畑孝史(たかふみ))

 

17796167_1437563819647296_5832913883113303177_n17799227_1437563499647328_5024363156946195044_n

17800040_1437563652980646_8979674589885801848_n17800152_1437563702980641_2094982558404145246_n

17626255_1430222640381414_6943241010971541785_n

生物学者福岡博士が教えてくれたこと

生物学者福岡博士が教えてくれたこと

      細胞は「自分自身を常に壊して作り変える」
 「要素そのものではなく構成要素が重要である」
 「自分とは何者なのか」

そんなことを教えてくださったのは、、、
ロックフェラー大学客員教授福岡伸一先生でした。

福岡先生は
京都大学を卒。米国ハーバード大学医学部博士研究員、京都大学助教授、青山学院大学教授などを経て現在はロックフェラー大学客員教授としてNYに帰任中。数々の著書があり、その中でも2007年に発表した「生物と無生物のあいだ」(講談社現代新書)はサントリー学術賞や新書大賞を受賞。科学者では異例のベストセラー‼ あの蒼井優さんもファンなのだとか。

今回はそんな生物学者福岡先生の「生命科学の静かなる革命」というご講演に参加してきました!

その中で特に印象に残ったこと3つの言葉と共にシェアさせていただけたらと思います!

1)細胞は「自分自身を常に壊して作り変える」
2)「要素そのものではなく構成要素が重要である」
3)「自分とは何者なのか」

1)細胞は「自分自身を常に壊して作り変える」ことに専念する

 そもそも私たちの細胞の内部は常に入れ替わっているらしく
昨日の自分の細胞と今日の自分の細胞は違う
1年経てば細胞はまったく違もので分子はどんどん入れ替わっており、食事や排便等様々な形で「流れ、動き、合成される」そうです。

ということは細胞としては「自分自身を壊して作り変える」ことを常にしている。それに対して「私たち人間は作ることに一生懸命。保つことに一生懸命な傾向がある。」と福岡先生はおっしゃっていました。

 確かに私たちは、従来からの慣習や常識、伝統をそのまま保持しようということがあります。「保持しよう。守ろう。」という動きは大切ですが、それは同時に、時代の流れや文化を無視した価値観の押し付けになる可能性もあるのではないかと思いました。そんな時に福岡先生のおっしゃっていた言葉を思う事で、「壊す事が必ずしも悪いわけではない」「逆に新しい文化や常識を創造する事の出来る大きなチャンスかもしれない」と捉える事もでき、物事をもっと広く、大きく柔軟に考えていけるのではないかと思いましたし、その見方ができることで気持ちが軽くなる気がしました。

2)「要素そのものではなく構成要素が重要である」

では
細胞は毎日作り変えられ、入れ替わっているのになぜ記憶は保存されるのか?

福岡先生曰く、それはそこに「相互補完の関係」があるから。
例えば、 ジグゾーパズルを例に挙げると
 一つとして同じピースはないが補いながら互いに関係している。

つまり、
周りのピースを見るからこそ何が当てはまるか分かるそうです。

また、細胞も同じで、
抜けて新しいものが来ても、周りの細胞との関係性があるから自分がどのようになればいいかわかる為、たとえ入れ替わったとしても、継続して情報を保つ事が出来るそうです。
まさに
「周りとの関係が保たれているから成り立つ」

また、福岡先生はこんな例もあげてくださいました。

【川は何をもって「川」なのか?】
 水は常に流れているし周りの溝、砂、土手も一定なわけではない
 でも私たちはそれを「川」と認識する。

「それはなぜ?」

私たちは、水や溝、石、環境等、周りの要素から判断して川を川と認識している。

そんなこと今まで考えたこともありませんでした。

では
3)「自分とは何者なのか?」

就職活動の自己分析でも、よく「自分の過去を振り返る、内部に問いかけて、一体自分とは何者なのか「Who I am」を見つけ出そうとします。実際に私もいつもしていました。

一つとても解りやすい例をお伺いしました。

【受精卵が細胞分裂を繰り返し細胞を作ってだんだん肝臓、腎臓、目というように役割を担っていく。しかしこの受精卵の一つ一つの細胞を切り離してバラバラにするとどうなるか?】

結果は、「ほぼ死滅」する
たとえ、何個か生き残っても、何にもなれずにただそこにある。

これを就職活動等の自己分析に置き換えると

「自分の内面だけに問いかけても自分の中に答えがあるわけではない。」
むしろ「周りとの関係性の中で認識するもの」「しかもそれは動的である。」

そう福岡先生は、ロックフェラー大学の就活生にも声をかけることもあるらしく、、、

「はっ」と

「一点に集中していた自分から包括的にもっと周りを見渡さなくてはいけない。」

周りとの関係も含めて「私」が成り立つ

しかも、その関係性は常に変化し続けるから、私たちは常に変化に柔軟に対応しつつ、自分を作り変えることで自分を確固たるものに確立していく努力をしなくてはいけないのではないか

と思いました。その瞬間から自分の中で力んでいたことから少し解放され、新しい視点が増えました。

【要素そのものに意味があるんじゃなくて「要素の構成」に意味がある。またそれは動的である。】

このような考え方を知ったことで、一生その見方ができるようになったことが本当に今回のご講演に参加させていただいた財産だと思います。

福岡博士は本も沢山出されているで、本を読むことで更に詳しく、新鮮な視点を得ることが出来ると思うと今からとてもワクワクします。

そしてこのような一生の財産を得ることのできる機会があるJaNetに関わる全ての皆様に感謝しています。この団体をもっと多くの方に知っていただきたいし、その機会を是非多くの若者にshareしてほしいと思います。

(文責) 三木浩江

 

17626255_1430222640381414_6943241010971541785_n 17634471_1430222643714747_4884979004886840183_n

17342940_1408476439222701_1216840491105975289_n

【JaNet新企画!若手×研究者のAI討論会】

皆さんこんにちは。FJMN実行委員の大森汐莉です。
3月7日(火)、前回のエグゼクティブセミナーのゲストスピーカーのIBM ワトソン研究所/スペイン国立研究所にご所属の鈴村豊太郎さんとFJMNメンバーでAI討論会を行いました!
「AIに期待したいこと」をテーマに、FJMNメンバーがそれぞれアイデアを発表し、それに対し意見を述べ合いました。「不正会計を見抜くAI」「嘘のニュースを自動判別するAI」「人やペットの感情や真意を見抜くAI」「全ての管理を行ってくれるAI」「どこでもドアの疑似体験ができるAI」「名探偵コナンに出てくるメガネの機能の実現するAI」など、アイデアは様々。このアイデアの発表の後、それが世に出回ったときの問題点や、それによって世界がどう変わるかなどを全員で議論しました。鈴村さん曰く、これらのアイデアは、技術的には実現される日はそう遠くないようです。しかし技術的には実現できても、倫理や法律の問題を考えずして商品を作ることは出来ません。AIは今や私たちの生活から切り離せない、大変便利なものですが、安全性への脅威は常に潜在していることを忘れず、上手く付き合っていかなければならないものだと再認識しました。
今後のビジネスにおいては、AIがインフラとなり、その上に何かを構築した「AI×アイデア」というビジネスモデルが一般的になるのではないのでしょうか。

(文責: 大森汐莉)

 

17342940_1408476439222701_1216840491105975289_n 17309121_1408476442556034_964077435098602870_n

16999040_1391100100960335_2782623929208437378_n

『社長/エグゼクティブセミナー/Tech ビジネス編』開催報告

“Not work but just study by Toyotaro Suzumura”3つの大切なこと。

2月24日金曜日に米IBMワトソン研究所の鈴村豊太郎氏をお迎えしてニューヨークマンハッタンの日本クラブにて『社長/エグゼクティブセミナー/Tech ビジネス編』を開催いたしました。

さて、本セミナーは鈴村氏が研究をしている人工知能(以下AI)についてのセミナーであり、AIとは?というイントロダクションから入りました。終盤には”deep learning “といった追求した内容をお話してくださいました。
また、鈴村氏の凄いと思ったところが、AIという一見理系チックなセミナーであったのにも関わらず、誰にでもわかりやすく説明しようとしている鈴村氏の姿勢を私は感じました。自分のペースでやれるのにも関わらず、みんなに知識を還元したい、giveの姿勢を見て、人として魅力的だなと感じ、自分もそうしていかないといけないと思いました。
また、今回のセミナーで鈴村氏のバックグラウンド、また、日常で大切にしていることなどについてもお話ししてくださいました。その中で自分が良い!と思ったことをピックアップしました。

16939236_1391100104293668_7153531359053511015_n 16999040_1391100100960335_2782623929208437378_n

“円(専門領域)を増やすこと。そして、その複合領域にこそチャンスがある”この言葉はとにかく変化を恐れずチャレンジ、行動する大切さを教えてくれました。私はこのことを私生活で実践しようと思いました。誘われたことなどに関してほぼYesということ。結果は分からないけど、とりあえずやってみるということを大切にしていきたいです。

“人には絶対負けないコア技術をもつ”

これがあれば凄く自分に自信がもてると思います。これはどの分野においても共通していることだと思います。誰しもこれはあると私は考えます。ただそれに気づいていない、考えていない、それだけのことだと思います。逆に考えればそれをすることによって新たな自分の発見になるかもしれません。

“仕事は仕事、会社という言葉を避ける。”

なるほど。鈴村氏は鈴村氏の人生を好きで生きていると考えました。好きなことをしてお給料をもっている。これほど幸せなことはないと私は考えます。そのためにも鈴村氏は常に”勉強”を欠かさず行う。考え方一つで人生変わりそうですね。

17021618_1391100097627002_9219672907537776773_n

今回のセミナーは鈴村氏の生きる上でのコアについてもお話しして頂きました。当日はNY JCCI(ニューヨーク日本商工会会議所)所属企業の方たちも沢山お越し頂きました。私たちニューヨークで活動する若手の方たちにも本当に有意義な時間になりました。

(文責 川畑 孝史(かわばた たかふみ)/熊本大学 工学部 情報電気電子工学科)

16427249_1361934917210187_1775606845305540085_n

A New Perspective on “Work”

A New Perspective on “Work”

FJMN members had the privilege to tour Google’s New York office on Wednesday, February 1. A massive 16 floor, 3 million square foot building, located in Chelsea, houses Google’s engineering operations and North American advertising sales teams that are innovating the way we communicate and exchange information across the globe everyday.

Thanks to Paul Vishayanuroj, a software engineer who joined Google two years ago, FJMN members got a close up view of Google’s unconventional workspace, which includes a slew of amenities such as a gym, massage room, cooking classes, and even scooters to speed up the “commute” on the corridors that run between 8th and 9th Avenues.

Much like its search engine, extensive suite of applications, and partnerships that have become quintessential in our generation, Google’s office truly knows no limits.

It makes us wonder to what extent we have unknowingly been trapped inside the mold of our habits and traditions. Of course, playing foosball in between HD video conference calls is not that important. But, maybe, breaking down the rigid appearance of “work” and getting to the essence of innovation and creativity is.

Seeing the progressive operations at Google opened our eyes to see “work” in a new way. Perhaps, our most meaningful work is to uncover and develop the brilliant talents and ideas that we already possess but have failed to recognize.

Joanna Nishimoto

16472832_1361934810543531_3725731609754422851_n 16426150_1361934793876866_6072152399116394294_n 16508793_1361934830543529_1546842104639789473_n 16388219_1361934797210199_5227827442066685770_n 16427249_1361934917210187_1775606845305540085_n

鈴村氏写真

『社長/エグゼクティブセミナー/Techビジネス編、 米国IBM T.J.ワトソン研究所/スペイン国立研究所  鈴村豊太郎氏』

—————————-
ニューヨークエグゼクティブメンターによるシリーズセミナー
グローバル・ビジネスへの興味や、
ニューヨークでのビジネスに興味がある方、必見!
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━2017/1/31版リリース
ニューヨーク企業人エグゼクティブを講演ゲストに迎えるシリーズ
「社長/エグゼクティブセミナー/Techビジネス編、米国IBM T.J.ワトソン研究所/スペイン国立研究所  鈴村豊太郎氏」
NPO JaNet主催、Future Japan! MENTOR Network(FJMN)活動
日時:2017年2月24日(金)18:15 開場、18:30 開演
会場:日本クラブ 、サクラルーム(145 West 57th Street, New York, NY 10019)
参加費:社会人 $20、学生  $15
予約制:お申込みはコチラまで→ https://goo.gl/TXAmuW
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 Future Japan! MENTOR Network(FJMN)ではニューヨークで活躍される
企業人の方々をメンターと位置づけ、経験や、知識、視野を提供いただける
「企業人メンターの輪作り」の活動を行っています。
 今回ニューヨークでご活躍中のエグゼクティブの方として、IBM T.J.ワトソン研究所(*1)のリサーチ・サイエンティストであり、スペイン国立研究所(バルセロナ・スーパーコンピューティングセンター(*2) )客員教授でもある鈴村豊太郎様をゲストスピーカーにお招きします。
*1 IBM T.J.ワトソン研究所:http://www.research.ibm.com/labs/watson/
*2 バルセロナ・スーパーコンピューティングセンター(スペイン国立研究所): https://www.bsc.es/
——
  当セミナーではニューヨークでの事業の様子をお伺いしつつ、参加個人の方の将来の目標設計や視野が広がるような質疑応答の懇親の場を設けるべく開催実施致します。
・企業の海外事業についての見識を広めたい方、
・企業の中で現役で活躍されている方のお話しを直接聞き、質問をしてみたい方、
・ニューヨークコミュニティーでの関係作りをお考えの方、
 米国での第一線でご活躍のエグゼクティブの方から将来の目標や構想のヒントが得られる事を期待します。
—–
【講演内容】
「人工知能」の躍進的な研究成果は、続々と競うように関連サービスを生み出し、一大ムーブメントを起こしています。アカデミア(大学機関、国立研究所)の長期的視点を持つ基礎研究と、インダストリー(企業)の実用性の高い研究が融合し、産学協働が加速すれば、世の中を変革するイノベーションの波は更に高まるでしょう。今回はアカデミアとインダストリーに両籍を持つ鈴村さんならではのコンピュータサイエンスの最新研究動向と、企業での実例をお話いただきます。
鈴村氏写真
16252557_1344932225577123_1697850688978256893_o

【阪神淡路大震災から22年。NYから被災者への追悼の祈り】

【阪神淡路大震災から22年。NYから被災者への追悼の祈り】

16143525_1344932128910466_1226232576604643304_o  16252557_1344932225577123_1697850688978256893_o

 

日本時間の1月17日、NY日系人会館にて北東アメリカ兵庫県人会「Club Go!」主催で阪神淡路大震災の追悼式と懇親会が行われました。日本から遠く離れたニューヨークに日系人が集まり、日本と同じ時間に被災者の方々へ追悼の祈りを捧げました。追悼式では、ソプラノ歌手の服部まなみさんとピアニストの浅沼里香子さんより、鳥肌が立つほど美しい歌とピアノの演奏をしていただきました。

そして今回、この会を通じて、あるテーマで互いに啓蒙しあえるコミュニティーが産まれ、立ち上がりました。そのテーマとは、ニューヨークで生活する上での「安全」や「減災」。アクシデントの余波を最小限に食い止めるための考えや行動をすることで災害を減らそう、という想いを持った方々が集まり啓蒙し合うコミュニティーです。このように、同志が集まり、語り合える場がニューヨークにはあります。追悼式•懇親会共に、ニューヨークの日系人の繋がり、強さを感じた会でした。JaNetを通じてのコミュニティーも強く、広くしていきます!今後の活動に乞うご期待!

(文責:大森汐莉)

 

 

15727281_1302373266499686_4645859231858281110_n

Karaoke Champ、CEOマイク木田様への伺いのご報告

【米国の実業家。カラオケを米国中に広めた第一人者!カラオケチャンプのマイク木田様からの「自分の目的さがし」のアドバイスとは。】

米国で、たった一人から起業をして、事業を拡大されている起業家の方とお話できました。凄いエネルギーを感じさせてもらい、しびれています。

12月22日、マンハッタンのミッドタウンにあるKaraoke ChampのCEOであるマイク木田様に思い切ってアポイントのお時間を御願いして、ご了承いただけ!FJMNの仲間でお話を伺うことができました!

15727281_1302373266499686_4645859231858281110_n 15747696_1302373263166353_3511083801304486923_n

 

マイク木田様自身の経歴やモットー、現在行っているビジネス、そして「これから注目のビジネス」のアイデア話など幅広くお話して頂き、私たちからの多くの質問にも答えて頂きながらのあっという間の対談でした。

マイク木田様がなぜカラオケ事業に目を付けたのか = それは、”潜在マーケットの顕在化”させることの価値を教えていただきました。カラオケは一度経験すると誰しもがきっとその魅力を感じますよね。米国にもきっとそんな感動の需要がある、いやむしろ、米国ではそれがまだ顕在化されていないからこそ事業のチャンスだ、と事業を展開された木田様。

このステップはまさに、ニューヨークにおける日系コミュニティに対して、見えない価値を生み出そうとしている私たちJaNetの活動が目指していることと重なりました。”潜在マーケットの顕在化”。マイク木田様のお話おかげで自分たちの活動の価値に気付くことができました。

木田様のお話は、「人には自燃性の人と他燃性の人がいて、”自燃性の人”が燃えると”他燃性の人”が共鳴し、小さな輪が広がり大きな輪が出来上がるる広がる、、自分一人では叶わなかったことが、多くの人が集まることにより叶えることができるようになる、、」と。

そのためには「自分の能力を過信するのではなく、いつでも謙虚に、そして感謝の気持ちを忘れない。”〇〇のため”の”ため”の置き所は自分から遠ければ遠いほど、対象の人の数は増え、輪を大きくすることができる」と木田様に示唆いただきました。

ビジネスのお話を超えて、「人としてどうあるべきか」というところを私達に気づかせていただけた貴重なお時間。あっという間の90分!本当にありがとうございました!

カラオケチャンプは、現在カラオケ機材のレンタルをメイン事業としていて、なんとその数、月300件!そして全米に11店舗のカラオケ店を経営されています。訪問後、早速歌いたくなった私たち3人は、カラオケチャンプが経営するSing Sing(St. Marks店)に向かったのでした。

(文責:大森汐莉)