15095526_1249098945160452_9147884778440477870_n

JaNet 中川理事がCEOを務めるアムネット様にご訪問させていただきました。

10月28日(金)、JaNet 中川理事がCEOを務めるアムネット様にご訪問させていただきました。

【インバウンド・アウトバウンド】

東京オリンピック開催が決まり、一気にトレンドワードになりましたね。
しかし、一時のインバウンドに浮かれている間に、
日本のプレゼンスが失われていく危機感も同時に覚えます。

先を見据え、着実に企業規模を拡大し、
ニューヨーク最大の総合旅行会社としての地位を築き上げたアムネット様。
その中枢を担う神戸様、今岡様、早乙女様、それから中川社長とのご縁があり現在アムネット様に所属しているJaNetメンバー高野も加えて、お話をおうかがいしてきました。

「ニューヨークでのインバウンド事業はネットとの勝負」
テクノロジーが身近になった今、チケット、ホテル、レストラン、、
手軽にサーチできるようになりました。
そこで代理店が提供できる価値とは何か、、、「人」です。
慣れない土地を訪れた時の不安を一蹴できる安心感や、
人間味あるおもてなしの付加価値は、旅の満足度を何倍にもできる、
そのことを誇りに語られていたのがとても印象的でした。

「アウトバウンド=お客様との繋がり」
収益の7割を占めるアウトバウンド事業で重要なことは、
お客様と継続的な関係性を築くこと。
クライアント企業を訪問する際用意する手土産に社員のアレンジを加えるなど、
一社一社にアムネット様ならではの誠意あるご対応を心掛けていらっしゃいました。
中川社長のずば抜けた明るさが社風に反映されており、
それを受け継いでいる社員からあがる声が採用される。
この循環がアムネット様の成長を促進しているのだと感じました。

ニュースやネットで目にするビジネス用語で知った気になる事業内容と、
人に会って聞く仕事観や苦労や実績などをひっくるめた事業内容とでは、
その理解度に雲泥の差があります。

社会経験が浅い若手であるからこそ、どんどん外へ出て、人に会い、挑戦し、失敗し、
そうして初めて血肉になっていくビジネスの本質がきっとあるはずです。

アムネット様にいただいた機会に感謝し、
このような貴重な経験をもっと多くの若手ができるように
これからも私たちは活動を続けます。

(文責:坂牛 芙美奈)

15095526_1249098945160452_9147884778440477870_n 15171194_1249099078493772_8822586445230610910_n

14955780_1224888690914811_53000609073353249_n

『第6回社長 エグゼクティブセミナー レイ・イナモト氏編(後編)』

『第6回社長 エグゼクティブセミナー レイ・イナモト氏編(後編)』

クリエイティビティーってなんでしょう?何もないところから思いもつかなかった物を生み出す事だと思っていませんか?レイ・イナモト氏はこう言います。

「Creativityとは、真新しいものを作るのではなく、すでに存在する点と点を結ぶことである。遠い点程繋がれば面白い。」

母親は音楽、父親の専門分野は原子物理学というかけ離れた二つの領域。レイ・イナモト氏は両親の影響を右脳と左脳に受けて育ちました。

その影響もあり、大学時にはアートとコンピューターのダブルメジャーの選択。しかしコンピューターで美術に取り組もうと思った時、これではアウトプットは決まってしまう、どんな作品になるか決まってしまう!と気づき、アウトプットの道具を作ろう!と考えついた。パソコンがまだ白黒だった時代にレイ・イナモト氏は『アート(Art)』と『コード(Code)』という点と点を結び新たなジャンルを作り、クリエイティブの世界へと進んでいったのです。

情報を簡単に手に入れる事が出来る時代だからこそ、人の話を聞いて情報を多く持ち、その情報を常にいつでも出せる引き出しとして意識のして頭の中に入れておく必要があるのだと感じました。アメリカ、またニューヨークという地だからこそ繋げられる点は数え切れないほどある。一つの点を極めるのもよし、点が多ければ結ぶのもよし。点と点を結んで新たなものを生み出す事がクリエイティブとよばれる事もわかりました。

講演後にはたくさんの質問に答えていただき、大変貴重なインサイトを頂ける機会となりました。クリエイティブディレクターとして活躍されているイナモト氏へ一番多かった質問、「クリエイティブになるには?」というご質問に対し、「クリエイティブな役割はない。どうクリエイティブに行うかだけ。」というお答えを頂きました。どんな業界、職業であれ、これは共有できるものではないでしょうか。

講演してくださった、イナモト氏、またセミナー参加者の皆様、この度はお忙しい中お越しいただき、ありがとうございました!
(文責:伊藤愛、品川理沙)

 

14955780_1224888690914811_53000609073353249_n14938139_1224888694248144_9135132474846319369_n14632863_1224888697581477_5393219119115366627_n

14915687_1224886150915065_315993462353456887_n

『第6回社長 エグゼクティブセミナー レイ・イナモト氏編(前編)』

『第6回社長 エグゼクティブセミナー レイ・イナモト氏編(前編)』

〜It’s not how good you are. It’s how good you want to be.〜
「大切なのは自分がどれくらい凄いかではない。どこまで凄くなりたいかである。」

Inamoto & Inc. のレイ・イナモト氏をゲストスピーカーにお招きし「第6回ニューヨーク社長・エグゼクティブセミナー 〜ビジネスインベンション〜 レイ・イナモト氏編」が開催されました。
10月20日、日本クラブに約60人が参加し、イナモト氏自身の生い立ちと、今まで生きてきた中での彼自身の学びを私達自身と照らし合わせ、向上心を募らせました。
異国の地で働くのは容易な事ではなく、まず言葉の壁に打ち当たり、そして新たな点(アート)と点(コンピュータ)を結ぼうとすることにより新しい領域を開拓しているイナモト氏。

何か新しいものを生み出そう、成功しようと母国を離れて異国の地へ海を渡ってきた私たちと同じ壁ではないでしょうか。その壁を乗り越えた彼の在り方において心掛けている3つのポイントは:
1. 理念を持ち、曲げない
2. 弱みを強みに
3. 楽観主義。

人の評価や他人と比べて気づく大きな壁に直面した時にこそ、自分の意識の向け方が重要なんだと気付きました。他人の意見や周囲から入ってくる情報は他で共有する時の引き出しとして使用し、自分のできない部分や悩みを強調し立ち止まったり諦めるのではなく、自分の理念を信じて前に進む大切さをイナモト氏の経験を通し改めて学ぶ事ができました。

人の目に見えない物事が必要となる時代で、海外で活躍する日本人という事を生かしてどう自分自身のあり方を設定していくのか改めて考える事が出来ました。

(文責:伊藤愛、品川理沙)

 

14915687_1224886150915065_315993462353456887_n 14910506_1224886140915066_1994442777619636212_n