15267728_1268787506524929_7097456021180944580_n

『第6回社長 エグゼクティブセミナー 川村真司氏編』

『第6回社長 エグゼクティブセミナー 川村真司氏編』

〜We have nothing to lose〜

失う事が怖くて新しい事を始められない
なんて踏みとどまっていませんか?
新しい事に挑戦するとき、新しい物を生み出すとき、
リスクを味方につけてやりたい事はやるしかないんです。

PARTYの川村真司氏をゲストスピーカーにお招きし「第6回ニューヨーク社長・エグゼクティブセミナー 〜ビジネスインベンション〜 川村真司氏編」が開催されました。
10月26日に日本クラブに約60人が参加し、ビジネス開発において重要な、「PROTOTYPING/BUSINESS」についてご説明いただきました。「プロトタイプ」×「広告業」という新しい分野に気づき、クリエイティビティの無限さを実感しました。

プロトタイピングビジネスとは、いわば未来を作るお仕事です。
PARTYでは3つの柱を中心にプロトタイピングビジネスを提供しており、1つ目は「Commissioned Projects」でクライエントの色を強調しつつ新しい未来の形を提供することで、競争相手と差別化に成功。2つ目の柱は「Design & Prototype Partnership」。第三者として企業は商品開発に携わるのではなく、企業内部の商品開発部門と共に行動することで最終的に商品までたどり着けるとし、3つ目は「Original Products」、クライエントから提案される前に先にリスクをとって実際に作りたいものを作るという態度が大切とお話しいただきました。

「先にリスクをとる」「やりたいことはやるしかない」
「自分達が面白いと思ってしまったことは、自分達が面白いものだと思うからリスクはしょうがない」とお話された川村氏。
周囲からあまり聞き慣れない発想を、人と一緒に形にしていくという過程において、これらの点は原動力となる重要な部分だと感じました。新しいものを作るには失敗した方がよく、感覚を信じ物事をやり通すことも時として大切です。

リスクや失敗を恐れて立ち止まるのではなく、
やりたいことは何事もやってみないと何もわからない。
何を始める事ができるのか、生み出せるのか、ポジティブに考え
胸を躍らせながら1つ1つ挑戦していきます。

(文責:新井沙織、伊藤愛)

 

15317992_1268787436524936_8726750566190907702_n 15350494_1268787576524922_7149366268998464344_n 15326425_1268787466524933_2381665220319965716_n 15267728_1268787506524929_7097456021180944580_n