シリーズ「FJMNがモバイル決済大国中国へ視察!!AlibabaのAlipay(アリペイ)レポート」 最終回 Alibabaはいまの、Amazonの目指している事を実現しつつある?

 

出発前にFJMN内でシェアされた以下のリンクから。
(リンク:http://www.china-b-japan.org/…/china_interntet_alipayorwech…)

確かに、ここ数年でWechatpayの普及率はAlipayを上回っているが、記事通りWechatpayよりも、Alipayのほうが主流だという。店によってはWechatpayを取り扱っている店がないところもありました。ほかにも、上海ではタクシー移動でしたので、各タクシー会社はAlipay、Wechatpay両方使えるにも関わらず、車内にはAlipayのスティッカーのみ貼られたタクシーしかありませんでした。

◆Alibabaはいまの、Amazonの目指している事を実現しつつあるのでは?

今回体験したAlipayは、位置データ、購買テータの吸い上げをする事で、いつでも、どこでも客の好みを把握して、適切なタイミングで適切な品を提供できるシステムの構築を実験している。そして、このモバイル決済が大きなカギとなるのではと、今回のAlipayのポータルサイトで感じました。いままで気にしていなかったが、支払いを入り口にしたプラットフォームは人の行動を把握する上では重要な入り口であると感じられました。

すでに、アメリカや日本といった金融システムのインフラが整ってしまっている先進国は、一から今回のデジタル化された金融システム=モバイル決済インフラを再構築するにはやはり時間がかかる。一方、中国といった世界第2位の経済力、そして人口10億人以上という市場を持つにもかかわらず、インフラをこれから整えていく発展途上国は今回の金融システム(FinTech)を構築していくにはもっとも適切なタイミングたっだのではないかと考えています。マッキンゼーによると、中国の電子商取引市場は、日本、アメリカ、イギリス、ドイツ、フランス、韓国をあわせたよりも大きい規模という結果を出しています。
(WSJより http://jp.wsj.com/…/SB1218120404758650390760458326681056411…)

(文責: Kazuhide, Toake)

ーーー
第一回、二回をまだご覧になっていない方は、以下のリンク先でご覧になる事ができます。

シリーズ第一回
https://www.facebook.com/futurejapanmn/posts/1628371840566492

シリーズ第二回
https://www.facebook.com/futurejapanmn/posts/1628457030557973
ーーー

21752227_1628482810555395_3970577671089948837_n

シリーズ「FJMNがモバイル決済大国中国へ視察!!AlibabaのAlipay(アリペイ)レポート」 第二回 Alipay(アリペイ)のなにがすごいのか。

 

◆では、何がすごかったのか。
Alipayのアプリは、単なる支払いのアプリではないという点。
実際、筆者もダウンロードしてみました。
そこには、Wealth Management , Education & Public Welfare, Third-party Servicesといったカテゴリーがあり、保険、株、融資(ローン)といった金融サービス、大学の授業料の支払、またUberの配車サービスからレストランの予約までをワンストップで行う事が出来る点でした。(写真参考)
このようにモバイル決済(支払)をベースにした、プラットフォームができている。

また、最近中国での流行は、自転車のシェアサービス。(アメリカでいうCiti Bikeです。)確認しただけでも5社この自転車シェアサービスに参入していて、歩道は自転車であふれていました。もちろん、この自転車シェアもAlipay(アリペイ)の支払いが可能(モバイル決済のみ)であり、使用者の位置情報もわかるようになっています。中国は、自転車社会でもある事からこの事業が大ヒット。本当に多くの中国国民が利用していました。(写真参考)

特に筆者の興味を引いたのが金融サービスです。銀行からの融資を受けられなくても、Alibabaが運営する金融サービスを利用すれば、Alipayでのクレジットヒストリー等をAlibabaのAIが審査して融資を受けられる。また、Alipay内でのクレジットスコアが高い人を集めた、婚活パーティまで存在しているようです。

つづく。
次回はシリーズ最終回
Alibabaはいまの、Amazonの目指している事を実現しつつある?

(文責: Kazuhide,Toake)

21743026_1628462107224132_5507949818690034953_n 21728494_1628462110557465_2410696203978489541_n 21731309_1628462193890790_610941818844053871_n 21728512_1628462197224123_2356155623966987353_n

シリーズ「FJMNがモバイル決済大国中国へ視察!!AlibabaのAlipay(アリペイ)レポート」第一回 Alipay(アリペイ)ってなに?

 

中国の上海に発つ前に羽田空港の免税店で聞いてみた。
「Alipay (アリペイ) ってつかえますか?」
店員さんによると、
「化粧品、お酒、たばこ等の販売店では使えないが、ブランド店は対応しています。」
との事。
さっそく、 BULGARI, BOTTEGAへ行くとありました。(写真参考)

◆まずなぜ、ここまで中国でモバイル決済が普及したのか。個人的な意見としては以下

日本=>治安がよいことがあだとなり、いまだ現金社会から抜け出せず。数十年前からお財布携帯を国内に業界大手通信社が普及させようとしたが、ガラパゴス化、失敗。逆に電子決済はSuica、PASMOが普及しシェア拡大はした。
アメリカ=>日本と違い治安が悪いことが、結果的にCredit (Debit) Cardの普及でキャッシュレス化は進んだか、モバイル決済はいまいち。まだ中国には及ばず。実際5年間住んでみて、現金を所持している人は少ないのかなと実感している。おそらく現金を所有していると盗まれる。(奪われる)結果アメリカ国民は安全を求め、カード社会に移ったのではという個人的な考えです。
中国=>治安がわるい?とは言えないが、そもそも発展して数十年しかたっていない中国では、現在でも多くの中国国民はクレジットヒストリーを持っていないため、中国国民はCredit Cardを持てていないのが現実。その矢先、AlibabaのE-Commerceが出現しモバイル決済アリペイを使用しての取引を構築したことにより、キャッシュレス化が進んだ。

◆実際Alipay(アリペイ)を使ってみた。(使っているのを横で見せてもらった)

他のモバイル決済はApple Payしか使ったことがないので、基本はApple Payとの比較です。画面タッチ数は圧倒的にApple Payのほうが少ない。IPhoneを決済の読取の機械にかざせば、一発指紋認証での1タッチのみ。
一方、Alipayの支払方法は、画面タッチ数が結構多かったです。
①お店側がAlipayのQRコードを持っていない場合。AlipayのApp起動後、インターフェイスでお店を検索してから、支払金額を送金する形式です。
②お店側がQRコードを持っている場合は、App起動後、QRコードを撮り、支払いが完了。
③お店側が支払先のQRコードを撮る場合は、App起動後自分のQRコードを立ち上げ、読み取らせる。

今回、筆者が体験した支払いは①でした。
*支払方法は、QRコードの読み取りです。Alipayアカウント所持者は、紐づけられた銀行口座のQRコードを持っていて、そのQRコードを読み取ったり、読み取らせたりして取引が行われている。

つづく。
次回は第二回 Alipay(アリペイ)のなにがすごいのか。

(文責: Kazuhide, Toake)

 

21743019_1628439450559731_2331502554380170882_n 21728239_1628439453893064_2784608212860697413_n

【与えられる喜び】

 

ヘレン・ケラーの言葉 ”Light in My Darkness” ー「困っている人を助けたい」私の中で漠然と思っているかもしれない気持ちを実際に行動に移せているか、自問する機会に出会いました。行動に出てなかったのは「やり方がわからない」のではなく、単に一歩を踏み出せていないだけかもしれません。

9月8日NPO NY Japanese-Americanライオンズクラブの就任式にJaNetメンバーとして参加させて頂きました。私たちは前回Yale Clubで開催されたCharter Nightに引き続き、NYでの貴重な機会(米国NPOのNY支部のPresident就任式!)にお招き頂き、大変感謝いたします。

46,000のクラブと140万人以上の会員からなる、世界最大の奉仕クラブと呼ばれているライオンズクラブ。”We Serve (我々は奉仕する)” という理念から、世界中の人々を救済・サポートされてきた歴史・情熱を感じます。

参加した皆さんから一貫していただいたメッセージは「暗闇を照らす一筋の光となれるよう、自分には何ができるのか常に意識する。」その積み重ねがやがては未来を変える、また一人ひとりの協力が大きな力となり、”不可能”を”可能”にするのだと実感しました。目の前の障害を超える手を差し伸べる姿勢をもち、躊躇なく協力をし合えるような関係を私も築き上げたいです。

(文責 巽 万里子)

21557953_1624897170913959_869901540622265541_n 21433059_1624898420913834_6167222394241255785_n 21558821_1624898687580474_2391933074403225367_n

【From input to output in a global consumer culture】

 

Amazon.com, Inc. was founded by Jeff Bezos in 1994, the year I was born, making Amazon and me, as it is commonly known, just about the same age.

With the rapid technological and social advancements of the past 22 years, Amazon has emerged from a mere e-commerce corporation to a revolutionizing force in worldwide consumption, and Generation Y, or Millennials like myself, have grown up in a transformed, global consumer culture.

Let’s think about consumption – not only what we buy, but what we see, hear, read, and even what we ingest.

IMDb.comAlexa.comAudible.com, Kindle, and Whole Foods Market are only some of Amazon’s many acquisitions and products that give Amazon a firm grasp on the major fields of consumption and have made the e-commerce company a dominant force in our daily lives, as modern-day consumers.

Yet, though part of a global consumer culture, we are not simply passive consumers. Thinking about “consumption” from an opposite perspective, it can also be thought of as “input.” As human beings, we also possess the will and the possibility to turn the ever-increasing myriad of input we receive into output, to capitalize upon it, and to share it with others.

On September 11, the NPO JaNet, along with the NY Hitohatakai, will host an Amazon study session as part of our Executive Seminar series (This event will be conducted in Japanese only.).

by Joanna Nishimoto

21462475_1620621304674879_8101550865977715997_n 21314818_1620621534674856_2644248527538161276_n 21272515_1620621621341514_6072242579443083482_n

【日本を愛するアメリカ育ちの人たちと共に】

「JET Program (Japan Exchange and Teaching Program)」というプログラムはご存知ですか。外務省、文部科学省、総務省の協力のもと国際交流のためにアメリカ(世界)から日本に渡り、JET Programとして参加し地方公共団体で働いた経験のある人達の「JET 参加者の会」があります。 NPO として「参加者の会(Alumni Association)」活動の輪を広げているニューヨークの皆さんと、8月29日、NPO同士の意見交換会を開催しました。
初の顔合わせとなった今回は、JET-AANYよりPresident Wendy Ikemoto氏、Vice President のBrenda McKinney氏、そしてCareer Development ChairのAlex Varney氏と、私たちFJMNから4名の計7名でそれぞれの活動内容、ビジョンについて熱く語り合いました。

日本での貴重な経験を思い出だけにとどまらせるのではなく、帰国後のキャリア、永続的な交流の輪を広げたいというJET-ANNYメンバーの熱い思いは私達FJMN活動と共通します。NYというエキサイトな社会環境において、若手とビジネス・エグゼクティブのかけ橋となり、若手の未来のビジョン作りに貢献する。これを双方NPOが協力し合うことで、新たなシナジーが生みだせる。この会合をきっかけに、これまで以上のワクワクを皆さんに届けたいと思います。

JET Program
http://jetprogramme.org/ja/
JETAANY
http://jetaany.org/
外務省からのJET紹介
http://www.mofa.go.jp/mofaj/gaiko/culture/hito/sei/jet/

(文責 巽 万里子)

 

21270927_1617362231667453_5448374417378559787_n 21370866_1617362138334129_5165140657182626289_n 21272191_1617362085000801_7798499979427876939_n

『社長/エグゼクティブセミナー・シリーズ 加藤公一レオ氏編』 開催報告

【おもてなしの心】

7月8日(土)、ニューヨークミッドタウンにて、株式会社売れるネット広告社、代表取締役社長 の加藤公一レオ氏をゲストスピーカーとしてお招きし、「Eコマース&オンライン・ビジネス向け実用編!!」と題して、JaNet主催「社長/エグゼクティブセミナー・シリーズ」開催しました。加藤氏には、我々FJMNの活動に深くご理解頂くと同時に、自身の経験からネット広告を通じて「売れる」ための独自のノウハウを熱く講義頂きました。

加藤氏の講義を通じて見えてきた事は ”おもてなしの心をもち、人の輪を大切にする” ということです。マーケティングにおいて、お客様は何を望んでいるのか、どうすれば喜んでもらえるのか、またどうすれば継続して関係を続けていけるかということがダイレクトに結果へと繋がっていきます。しかしこのことは、マーケティングだけの話ではなく、企業人として、またいち人間として人と関わりをもっていくためにはとても重要であると私は感じました。

自分は相手にどう思われたいのか、またそのためにはどんな格好、どんな立ち居振る舞いをすればいいのか、そして貴重な出会いの機会を今後どう生かし、どう広げていくのか。加藤氏のエネルギッシュな姿、話しかけやすいフランクなお人柄、社員一人ひとりを大切にされている様子から、常にそういったことを普段から意識されているように感じ取られました、この学びは自分ごととして置き換え、今後仕事においても、それ以外の場でも意識していきたいと思いました。

私たちFJMNとしても、このご縁を大切にし、気づいたことを直ぐに生かしてニューヨークにいらっしゃる皆さんのかけ橋となれるように活動をしていきたいと思います。

株式会社売れるネット広告社
HP https://www.ureru.co.jp/

(文責 巽 万里子)

 

20172914_6067966674233_1994288456678768640_n 20175768_6067966673633_88799904838713344_n

JaNet主催「社長/エグゼクティブセミナー・シリーズ」売れるネット広告社 代表取締役社長 加藤公一レオ氏

★オンライン・マーケティング、広告に関係される方必見★
JaNet主催「社長/エグゼクティブセミナー・シリーズ」
Eコマース&オンライン・ビジネス向け実用編!!!

NPO JaNet主催、Future Japan! MENTOR Network(FJMN)活動

日時:7月8日(土曜日)16:00開場 16:10開始~17:30終了予定
会場:WeWork (シェアオフィス)
315 W 36th Street, Room 9A (between 8th and 9th Ave.)
New York, NY, 10018
(入館には鍵が必要です。開始時間までは係が1Fで入館対応しますが、
 遅刻の入館は出来ませんので了承ください)

参加費:社会人 $20、学生 $15(先着20名まで)

予約制:お申込みはコチラまで→ eda.sakaeda@japanesenetwork.org(サカエダ)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 Future Japan! MENTOR Network(FJMN)では
企業人の方々をメンターと位置づけ、経験や、知識、視野を提供いただける
「企業人メンターの輪作り」の活動を行っています。

今回は九州にて起業された、加藤公一レオ氏にお時間をいただき
Eコマース、オンライン広告の実践的ノウハウを公開いただきます。

講師プロフィール:
加藤公一レオ氏
ダイレクト・レスポンス・マーケティングに従事し、 その実践経験とノウハウをもとに、ネット広告のレスポンスを確実にアップさせる事からクライアント企業から『レスポンスの魔術師』との異名をとる。アドテック公式カンファレンス人気スピーカー1位。著書に『100%確実に売上がアップする最強の仕組み』(ダイヤモンド社)等
https://www.ureru.co.jp/member/archives/1
翔泳社MarkeZine 執筆例
「99%の広告主が間違える失敗の回避法とは」
https://markezine.jp/article/detail/3742

藤田純氏
https://www.ureru.co.jp/member/archives/28

===
【講演内容】
私は過去17年間で累計“200億円”以上の広告費をお預かりして、何百回ものオンライン広告での【A/Bテスト】を繰り返してきました。その膨大なノウハウを、つまりは「最適化」された“最強の売れるノウハウ”を全て最初から全部乗せで皆様に提供をして、例えるならば富士山の頂上を8合目から目指していただきます。
キレイゴトは言いません。
『売れるネット広告社』の“最強の売れるノウハウ”でズルをしてください。
===

0627201719488500_1533962300007447_2776798194543004272_o

感謝する大切さとチャレンジ力、Canon U.S.A.Inc.さんに訪問させていただきました

感謝する大切さとチャレンジ力。

3月10日金曜日にLong lslandのMelvilleにあるCanon U.S.A.Inc.さんに訪問させていただきました。
今回のスケジュールとして足達会長へのJaNetとしての活動報告とランチ休憩とCanonのショールームの見学と福島氏、森田氏、純子氏とのQ&Aといった充実したスケジュールを組んでくださりました。

会長の足達さんをはじめ皆さんとても気さくな方達で良い雰囲気の中、JaNetとしての活動報告から始まり、人生の先輩として私たち若者へのアドバイスもたくさんいただきました。JaNetとしてはこれからの方向性をFor JapaneseばかりではなくFor Americaにしてみても良いのではないか。というアドバイスもいただきさらなる可能性を見出すことができました。

皆様大切にされていたのが”感謝”ということでした。
当たり前のことであるけれど、今この瞬間を生きられていることにも感謝しなければいけないし、このようにJaNetとして活動できているのも活動を全面的にサポートしてくれている榮枝さんをはじめとする理事の方、JaNetの仲間、ましてや、ニューヨークの方々,考えれば考えるほど今までの環境がいかに素晴らしかったことであると思います。その素晴らしい環境で怠けていたらいけないと感じました。そのためにも時間を有効に使います。

また、福島氏、森田氏がおっしゃっていたのが
”私たちはいろいろな経験をしてきた今でさえもやりたいことがはっきりわからない”という言葉でした。

私も”私が本当にやりたいことってなんだろう”と自分に自問自答した時にはっきり答えられません。そういう私みたいな人がいるかもしれません。

その時のアドバイスとしていただいたのが、
”焦らなくてもいい、流れに乗ってみろ、自分が興味があることにいろいろ挑戦してみろ、とりあえずやってみろ”という大切なお言葉でした。

その時その時で状況は変わるものだから無理する必要はないと思います。ただ、とりあえずやってみるということは誰にでもできることだと思うので私もこの記事を書くことでさえも最初は不安でしたがやってみて私にもできると自信に変わりました。そうやって自分の自信を増やしていくことも大切なことだと思いました。

(文責 熊本大学工学部情報電気電子工学科 川畑孝史(たかふみ))

 

17796167_1437563819647296_5832913883113303177_n17799227_1437563499647328_5024363156946195044_n

17800040_1437563652980646_8979674589885801848_n17800152_1437563702980641_2094982558404145246_n

【JaNet新企画!若手×研究者のAI討論会】

皆さんこんにちは。FJMN実行委員の大森汐莉です。
3月7日(火)、前回のエグゼクティブセミナーのゲストスピーカーのIBM ワトソン研究所/スペイン国立研究所にご所属の鈴村豊太郎さんとFJMNメンバーでAI討論会を行いました!
「AIに期待したいこと」をテーマに、FJMNメンバーがそれぞれアイデアを発表し、それに対し意見を述べ合いました。「不正会計を見抜くAI」「嘘のニュースを自動判別するAI」「人やペットの感情や真意を見抜くAI」「全ての管理を行ってくれるAI」「どこでもドアの疑似体験ができるAI」「名探偵コナンに出てくるメガネの機能の実現するAI」など、アイデアは様々。このアイデアの発表の後、それが世に出回ったときの問題点や、それによって世界がどう変わるかなどを全員で議論しました。鈴村さん曰く、これらのアイデアは、技術的には実現される日はそう遠くないようです。しかし技術的には実現できても、倫理や法律の問題を考えずして商品を作ることは出来ません。AIは今や私たちの生活から切り離せない、大変便利なものですが、安全性への脅威は常に潜在していることを忘れず、上手く付き合っていかなければならないものだと再認識しました。
今後のビジネスにおいては、AIがインフラとなり、その上に何かを構築した「AI×アイデア」というビジネスモデルが一般的になるのではないのでしょうか。

(文責: 大森汐莉)

 

17342940_1408476439222701_1216840491105975289_n 17309121_1408476442556034_964077435098602870_n