DISCO 1

Disco様のサンフランシスコキャリアフォーラムのお知らせ

「サンフランシスコキャリアフォーラム」2016年2月19日・20日
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
トラベルスカラシップ、さらに$250のFinancial Incentives!!

Future Japan! MENTOR Network(FJMN)は、ニューヨークで活躍される企業人の方々をメンターと位置づけ、ビジネスにおける知識や経験を提供いただける企業人メンターの輪作りの活動を行っています。

今回はメンター企業であるディスコ様が運営されています、「サンフランシスコキャリアフォーラム」の告知のお手伝いをさせていただいております。以下の対象の方々はぜひご確認下さい。
・日本国外の4年制大学・大学院を卒業予定(もしくは卒業済み)の方
・日本の4年制大学・大学院を卒業予定(もしくは卒業済み)の方で、一年以上の交換留学をされている (もしくは留学された)方
・職務経験をお持ちの方

ボストンキャリアフォーラムより技術系やITのバックグラウンドを求めて参加する企業が多いのが特徴ですが、様々な業界から企業が参加する全学部対象のイベントです。
またアメリカのハッカソンで優勝経験のある方などIT業界で活躍される方等、2日間行われるパネルディスカッションは必見です!今後のITの行方や技術革新について語られます。
また通常のトラベルスカラシップに加え、技術系の学生にはさらに$250のFinancial Incentivesがあります。詳しくはホームページをご確認下さい。
URL: http://www.careerforum.net/event/sf/?lang=J
(文責:Fukunaga Minami)

 

DISCO 1 DISCO 2

ny兵庫県人会

阪神淡路大震災21年追悼と懇親会の参加報告

***「1.17を忘れない」〜阪神淡路大震災21年追悼と懇親会の参加報告〜***北東アメリカ 兵庫県人会「CLUB GO!」様主催、ニューヨーク日本国総領事館とNPO法人JaNetNPO法人JaNet後援の「阪神淡路大震災追悼式」にJaNet理事とFJMNメンバーが参加しました。兵庫県出身者だけではなく、兵庫県に関わりのある多くの方に参加して頂きました。阪神淡路大震災の日の出来事を次世代に伝えていく事、そしてこの震災で被害にあわれた方を追悼することが大切だと痛感しました。この日の出来事が今後の日本に繋がっていけばと思います。また、この会には、在NY領事館大使、兵庫県ワシントン州事務所所長、伊藤ハム北米社長など多くの重役の方にも参加して頂きました。

その方のお話しを聞いていると共通があるという事がよく分かりました。それは365日を全うしているという事です。1.17という日を忘れない、それは生きている私達が一日一日を大事にしていこうと思いなのです。「死と生は対極としてではなく、その一部に存在している」と作家村上春樹の名言があります。震災の痛みがあるから、生きている有り難さを感じ取ることができるのではないでしょうか。私たちも先日話して頂いたお話しを生かし、日々全うしていきます。(文責:飯島沙弥佳  写真:福永海南美 )

ny兵庫県人会
カラオケチャンプ2

「営業とは」カラオケチャンプ社長兼最高経営責任者のマイク木田様との対談

***カラオケチャンプ社長マイク木田氏が語る「営業とは」***ニューヨークに第二次カラオケブームを創り上げた立役者と言われるカラオケチャンプ社長兼最高経営責任者のマイク木田様と対談する機会を頂きました。木田様は日本で某大手情報出版会社に就職し、三年でトップセールスマンの位置に上り詰めました。今回木田様のオフィスにお伺いし、「営業とは」に関してFJMNメンバーに人生経験をシェアしていただきました。
当時、木田様は大阪支店で営業に配属され、一日200通電話して、色々な社長に求人広告の提案を紹介するアポを取っておりました。「社長は未来と会社の将来を語るから面白い」、木田様は当初の経験をこのように振り返っておりました。

営業は辛い、押し売りのイメージがありがちですが、木田様は
「営業はNOから始まる。」と教えて頂きました。「NOと言われたら、他のアプローチの仕方を変える。また断られたら他の人にアタックする」など、普段私達が一回断られたらアクションが止まってしまうところ、NOで始まることが当たり前だと教えて頂きました。

カラオケチャッンプ1 カラオケチャンプ2 カラオケチャンプ3

 

 

また、新人営業とベテラン営業の違いに関して、新人営業はカタログを開いてすぐ製品を話しだすが、ベテランは相手の会社の現状をよく聞き、相手の会社の一員と思えるほど、相手の会社のために、どこで一番ニーズがあるのかを探しだすと経験をシェアして頂きました。営業はクリエイティブであり、相手に解決策を提供し、相手の社員になるレベルまで達して、やっと相手のニーズを探しだすことができます。

一時間の対談時間があっという間に過ぎてしまいました。また木田様が大事にされている、以前勤めている会社の社訓「自ら機会を創り出し、機会によって自らを変えよ」のプレートをお預かりしました。FJMNメンバーも新社会人としての心構え、営業の醍醐味を有り難く学びました。木田様、お忙しいなかお時間と経験のシェア大変有り難うございました!
カラオケチャンプHP:http://karaokechamp.com/

新春討論会1

NY商工会議所主催「2016年新春討論会」

***2016年「米国大統領選」「円ドルレート」「日米同盟」はいったいどこに向かうのか〜NY商工会議所主催「2016年新春討論会」〜「2016年は世界が注目する米国大統領選があり、世界の政治と経済にも大きな影響があるだろう」、
アメリカに住んでいて大統領のニュースは毎日目にします。石油価格の低迷、米国の利上げ、所得格差の拡大、アメリカの政治を左右する要素は非常に大きいです。この混沌とした世界情勢を討論するために企業、外交、金融、ジャーナリストの業界を代表する方たちがNY日系企業商工会議所様主催の2016年度新春討論会でお話され、FJMNメンバーたちが参加しました。

新春討論会1 新春討論会2

「共和党候補のトランプ氏が特定層に支持を得ているが、それが主流になることは現実では難しい」、
「円ドルレートは現状維持」、「現状悲観論が多いが、実際は世界経済は堅実」など多くの第一線で活躍されている方たちのお話は強い説得力がありました。ネットが手放せない現在、世論はネットに書いている記事で左右されやすいですが、実際お話を伺うと、自分たちがどれほどバイアスかかっていた記事に影響されていたかを実感しました。

また、同じ会場に多くのメンター様が来場され、私達のメンター様であるKodansha USA,Incの COO作田様にもお会いし、同じテーブルでお話する機会がありました。会場でJAL北米支配人の木村様、商工会議所事務局長の佐藤様、共同通信社NY支局長の尾崎様にもご挨拶し、私達の活動への熱いエールを頂くことができました。(文責:全大成)

 

shukan NY (1:9)

<兵庫県人会で阪神淡路大震災の追悼式> 1月16日(土)に開催

【「減災」という言葉の意味】1995年1月17日がおこった。高速道路がなぎ倒され、長田の街が火の海となった。「減災」という言葉がこの時を境に生まれている。おこってしまった災害でも発生時、発生後のそれぞれの段階で適切な行動を取る事で被害を最小限に押さえる事ができる。そのためには自分で自分の身を守る「自助」と、共に助け合う「共助」の心がけが重要だ。JaNetでは日本領事館とともに、兵庫県人会での追悼式を毎年後援支援している。今年は1月16日(土)に開催。参加ご希望の方は、下記WEBページよりお申し込みを。http://ny.hyogokenjinkai.org/archives/189

Facebook Page: https://www.facebook.com/futurejapanmn/posts/978342032236146

shukan NY (1:9)