July14th.4

LINEがニューヨーク証券取引所で新規株式公開!!

日本より1日はやく今日14日にLINEがニューヨーク証券取引所で新規株式公開!!!!

皆さんのお馴染みの無料対話通信アプリ大手のLINEが今日ニューヨーク証券取引所で上場しました。ロイターによると、今年の新規株式公開(IPO)で2200万株を1米国預託株式(ADS)当たり32.84ドルで売り出し、約7億2300万ドルを調達したと伝えました。

これは今年のテクノロジー業界のIPOのなかでも最大規模であり、注目されていた同じテクノロジー業界のAcacia Communications とTwilioを超えています。初値の42ドルで計算した時価総額は約9300億円と報道されていますが、この時価総額は大手金融企業のりそなホールディングスや自動車企業マツダと並べる時価総額です。

今回の面白い点は、LINEのIPOが日本市場よりも先にニューヨーク市場で公開した点です。既に日本で上場している企業が海外の証券取引所で上場するのはよく見ますが、今回のニューヨーク証券取引所は7月14日(木曜日)の今日に公開し、そして東京証券取引所での取引開始が7月15日(金曜日)日本時間の今日にあたり、アメリカと日本で同時上場するというのは初めての試みという点です。

専門家の間では今回の公開に関しては様々な意見が述べられているが、今回、私十朱が直接現場でみた公開初日の光景で思った率直な感想は以下です。

アメリカにとってLINE は知名度0の日本企業。そんな日本で大人気の企業LINEが日本ではなく、アメリカを第一のIPOの場所に決めたのは今後LINEが海外展開に力を入れるという、強い意気込みが今回の公開で感じ取られた。安全地帯(日本)から企業を成長させるのではなく、危険地帯(アメリカ)を出発点としてリスクを取りながらも、今回のIPOに踏み切ったLINEの今後のビジネスに注目していきたい。

(文責:十朱胤豪/Toake, Kazuhide)
(写真出所:ウォール・ストリート)

July14th.6 July14th.5July14th.4

july14th.3

話題の Pokemon GOでビジネスを分析!!(Part1)

話題の Pokemon GOでビジネスを分析!!(Part1)

「あなたは、このゲームをビジネスとしてどう考えるか、」という
テーマでFJMNメンバーがディスカッションをしました。
それぞれ、メンバーの「自分なりの」視点を述べた。
まさに世界の中心NYだから実感できたそれぞれの視点を紹介。

(とあけ)
Pokemon GOのリリースで任天堂は$9 billion の投資額を得たと話題になってるけど、
ゲームをプレイするにあたって、プレイヤーは歩き回る必要があるので、休むために入る飲食店に人が殺到し、店の売り上げが上がると見込んで飲食関係の株も上昇しているようだね。

(坂牛)
休むために入る飲食店ではなく、Pokemon GOと店舗側が提携する形で広告活用できる、両者にとって利益が出るシステムが出来上がる。飲食店に限らず、スポンサーになる企業が増えると思います。それから位置情報をオンにするきっかけにもなり、ロケーションマーケットプレイスの成長が期待できると思います。

(谷口)
すでにPokemon GOをつかい、ニューヨークで売上を伸ばしたピザ屋があり、
コーヒー屋がWifiを提供して業績を伸ばしたのに似てると思いました。
AR=Augmented reality(拡張現実)もこれからさらに流行りそうです。

(全)
そうですね。
位置情報とユーザのカメラを連動しアイデアは今後のトレンドだと感じました。
ポケモンの要素もありますが、カメラと位置の連動がユーザに全く新しい体験が爆発的人気になったと考えている。

(中川社長)
正直Gameには興味がありませんでしたが、
このビジネスは凄い!
ポケモンだけでなく、
何でも探せるし、自分の足跡を残せるね。
例えば、
私が今日行ったレストランで自分自身を撮影し、それをそこへ残す。
そして 10年後に同じレストランへ行けば、10年前の自分をポケモンのように見れるとか。

(大津)
私も日本にいながら、かなり気になっていました。
まだ、ダウンロードできないのが残念。
やはりalphabet(google)は最先端をいってる。
ロケーションベースマーケティング データをゲームで!

(とあけ)
そう、まず驚いたのはログインにgmailのアカウントが使用できること!
このプロジェクトにalphabet(google)が関与していた!ゲームの設定上、世界中をあるいてポケモンを捕まえるので、世界マップが不可欠、その世界マップは99.9%google mapで集めたデータが使用されていると遊んでいて感じました!

(文責:十朱胤豪/Toake, Kazuhde)

Part 2につづく

july14th.3 july14th.2 july14.1

July13th.2

『人に笑われるくらい大きな夢を。そしてその夢を応援してくれる仲間を』

***人に笑われるくらい大きな夢を。そしてその夢を応援してくれる仲間を***日本に帰国して半年、私は現在就職活動真っ最中の小松洸来(こまつあきら)です。今回は同じく2ヶ月前に日本に帰国したメンバーの大津さんと日本で再会しました。他人と比べないこと」多くの人が意識してはいるものの、なかなか自分と周りを比べずに生きるのは難しいのではないかと思います。

実際に私も就職活動をする中で周りの評価を気にしすぎてしまうことがあります。でも、今私たちが生きているこの人生は、誰の人生でしょうか。誰にも止められないような衝動にも似た自分の目標が、やりたい事が、夢があるのなら、誰に何を言われても諦めないでそれに向かって走り続ける。一度きりの自分だけの人生です。
2015年12月、キヤノンUSA様に訪問した際、足達洋六会長から”苦労もまた楽しからずや”という言葉をいただきました。物事は考えようで全ては、より良くなる人生の為の苦労(努力)だと思うこと!
就職活動中何回この言葉を自分に言い聞かせたか分かりません。簡単に叶えられる夢じゃ面白くない、遠回りしても時間がかかってもそれも全て夢を叶える為に必要な苦労なんだと思えます。

私はその”夢”を見つけられたのがニューヨークでした。
そして、その想いがもっともっと強くなったのが日本でした。
私が夢を追い続けられるのは、その夢を応援してくれる仲間が周りにいるからです。ニューヨークにも、日本にも。その仲間の一人でも大津さんと会ったことで、人に笑われるくらい大きな夢でも、私は自分を信じて絶対に諦めないと改めて思えた夜でした。

今やりたい事が見つかっていないという人は、自分からチャンスを探しに行きましょう。世界中どこにもチャンスはあります。それを掴むか逃すかは全て自分次第です。(文責:小松洸来)

july13th.1 July13th.2

july10th.2

『誰もが自分らしくあれるニューヨーク』

『誰もが自分らしくあれるニューヨーク』
 
「ニューヨークでは、年齢も性別も関係ない。」
NPO法人JaNet理事の中川扶二夫さんと、タレント・実業家のはるな愛さんが、
6/24発刊のNYジャピオンにて、ご対談の記事に載りました!
 
「考えるよりも、先に行動」のお二人。
だからこそ、中川氏はアメリカ在住の日本人ではほとんどの人が知っている、Amnetなどの事業を成功させ、
バラエティー番組を良く見る人なら知らない人は居ないはるな愛さんも、ここニューヨークではゼロから様々な事にチャレンジされています。
 
お二人のパワフルさが良く見える、非常に面白い記事ですので、お時間ございましたら是非ご一読下さい!
 
(文責: 渡辺玄太)

 

july10th july10th.2

July1st.3

『最高のラーメンのスープのように、味わい深いニューヨーク』

『最高のラーメンのスープのように、味わい深いニューヨーク』
 
物事には、いくつもの側面があります。
「リーマン・ショック」で職を失った金融マンが、ラーメン職人になることも。
その影響で、ニューヨークのラーメン業界が激闘し、一風堂が独り勝ち!なんてことも。
 
NPO法人JaNetの理事、中島さんが日本クラブで「ニューヨークのラーメン事情」と
題しまして、企業人対象に講演を行われました。
中島さんのご厚意で特別枠として、私たちFuture Japan! MENTOR Network実行委員
もお招き頂きました。
 
中島さんのご講演は、それだけで目から鱗のようなお話でしたが、
途中で観客席に質問を振ったり、クイズを行ったりと、メリハリがあり、
聴き手を飽きさせない工夫があちこちにありました。
 
今では、ニューヨークにおいて、ラーメンを提供する店舗は500を越える、という
事も初めて知りました。
中島さんはご講演の中で、ニューヨークで飲食店を出す際の規制等についてもお話
くださり、とても興味深くお話をお伺いすることができました。

また、様々な企業様とも当会でお会いする事ができ、ご挨拶をすることもできました。

ニューヨークにおいて、企業人がどのようにネットワークを広げていくのか、
その一旦を垣間見る事の出来たひと時でした。

(文責:渡辺 玄太)

 

July1st.3 July1sy.2 July1st.1