「エグゼクティブとの関わりでアップデートされる知恵」

先日東京にて、JaNet FJMNの理事である河北氏からお話を伺わせて頂きました。特に印象深かった話は「ニューヨークへ出たことで得られたものは何か。」ということです。河北氏とお話をさせて頂く中で、ニューヨークへ出たことのメリットは以下2点であるという気づきがありました。
・「日本で出会う機会が少ないニューヨークのエグゼクティブや企業人たちの知恵や知識を知れること。」
・「外から日本という国を見ることができ、より日本のことがわかる。」
ニューヨークへ飛び出すことはゴールではなく、広い視野を持った後にどう考えて動くのかが大切であると感じています。

日本に居た時には、日本の文化が身近すぎて日本の良さがわかりませんでした。しかし、海外に飛び出すことで、海外と日本の文化の違いに触れ、良い面と悪い面を客観的に日本を見れるようになりました。日本に居た時には「日本が好き」と思ったことがなかったのですが、今では日本が誇らしいです。

河北氏は「最高の瞬間は言葉にならない。だから言葉にならないほどの瞬間を多く味わいたい。」と仰られ、今まで自分の幸せに繋がるものばかりを求めていた私は、「星の王子様」の一節にもあるように「本当に大切なものは目に見えない」のだと気づかされました。それは、もしかしたら何気ない日常の中に隠されているかもしれないし、小さなことかもしれないということです。私自身、今まで知恵や知識を下さった方々を超えられるように、日々感謝するだけではなく、もっと貪欲かつ継続的に行動をしていきます。

JaNetに関わり、幾度となく自身の「考え」や「思考」がより高いレベルでアップデートされています。今後は、アウトプット寄りの行動に切り替えてギアを踏んでいきます。それと同時に「これからの時代を生きる若者を育てるNPO法人JaNet」として、私も日本でできることを少しずつ考えていきます!

JaNet実行委員 川畑孝史(熊本大学)

FJMNを支援いただいている、Crossoverの君島和也さんが、”Co-nnections press”に取材されました!

ニューヨークで夢をつかみたい方へーーーーFJMNを支援いただいている、Crossoverの君島和也さんが、ニューヨークやハワイで留学やビジネスを通し夢を叶えたい方に届けるメディア”Co-nnections press”に取材されました!
https://connections-press.themedia.jp/posts/5687974
.
ニューヨーク唯一の日系シェアハウス&Co-livingサービスを運営する君島さん。カリフォルニアでの大学留学を経て、ニューヨークで現地エグゼクティブと交流を深めていったことが大きな転機となったようです。
.
そんな君島さんをはじめ、現地で活躍するビジネスリーダーとリアルタイムで意見し合え、関わりを作っていける環境がるのもFJMNで活動することの魅力です。
.
あなたも【ニューヨークで夢をつかむコツ】をさっそくFJMNで実践してみては?
.
↓「明日からできるアクション」はこちら
https://connections-press.themedia.jp/posts/5687974
.
文責:濵岡瑞希
2012~2014年に在NY FJMN立ち上げメンバー
在東京 IT企業勤務、兼PRライター

 

【利他の心を大切に】

大西氏は物事を決める際、会社のミッション、コアーバリュー、個人の信条などを基準にIs this the right thing to do? と問いかけ、判断すると仰っていました。お話を伺えば伺うほど常に利他の心を持つ=お客様の気持ちをとても大切にされていることも伝わってきました。この基準を曲げないこと、そしてお客様からの要望に応え商品を開発し、お客様のニーズに応えることが自然と人気につながっているだけではなく、長期的な利益を生み出しているということに気付かされました。
 

また、行ったメンバーそれぞれへ向けて、大西氏よりアドバイスを頂きました。私へのアドバイスは利他的な目標を具体的に定める、また目標が具体的になればなるほど、必ず達成されるでした。大西氏は70歳の最終目標があり、その夢を叶えるためには?と70歳、60歳、50歳、逆算して考えていると仰っていました。お恥ずかしい話ですが、私はこれまで5年先、10年先までしか考えてみたことがありませんでした。最終目標の為にステップアップし続けている大西氏のように目標を具体化し、一つ一つの目標を達成していくと決意しました。

今回、大西氏とお話をさせて頂き、熱意と勇気をもらい、利他の心に気づかされました。大西氏が仰っていた、強い想いがあれば必ず成功するという言葉を信じ、私も利他の心を大切にしていきます。全ての行動に「利他の心」をお持ちの大西氏だからこそ、お忙しい中、お会いする時間を設けて頂きました。

この度はご訪問の機会を頂き、誠にありがとうございました。

Hana Group:http://hanagroup.eu/en/index.html

文責:三山 真実 (Manami Miyama)
JaNet ボランティア
ASA College / Business Administration Major