メンターの稲葉真由香様との会合の報告

Empire Entertainment の稲葉真由香様にお話を伺う時間を頂きました。Empire Entertainment は米系イベント会社で、稲葉様は強く美しく働く女性であります。稲葉様は以前大手広告会社でPR&イベントプロデューサー及びアカウントエグゼクティブとして6年間日本で働き、日本の素晴らしい文化、食、伝統工芸、製品、観光地を世界に発信していきたいという想いのもと、さまざまなバックグラウンドを持った人が集まる情報発信の中心であるニューヨークに去年拠点を移し、現在Empire Entertainmentで活躍しております。

稲葉さんとの会合、3−12−15

2月に私たちの団体が行った「広告マーケティング業界を知る座談会」にゲストとしてお越しいただき、今回は稲葉様との二回目の交流になります。今回は稲葉様から「自分を魅せる、自信を持つこと」という教えを頂きました。自己分析をよくすることが大事で、いかに自分の強みを発揮するかがもっと大切です。マーケティングの仕事をする前に、先ず自分をマーケティングしなければならないし、一番大事なのは自分の強みに自信を持つことです。これは特にアメリカ人と一緒に仕事をする上でとても重要です。また、謙虚さと自信の無さは別もので、謙虚な気持ちは常に持ちながら、いかに自信を持つかが私にとって大きなテーマになりました。少しずつでありますが、強みを磨いていきたいです。

今回の会合の場所は、HOUSING WORKS BOOKSTORE CAFÉ。流行を知るマーケティングウーマンこそが選ぶオシャレな古本屋カフェです。ちなみにこのカフェAIDS患者とホームレス救済のために設立されたNPOのHousing Worksが経営するブックストア兼カフェで、ここでの利益は全て彼らを援助するために使われています。そのため、働いているスタッフの方々は100%ボランティアとなっています。ここで得られた利益の寄付等の活動により、Housing Worksは現在アメリカのAIDS関連団体で最も大きなコミュニティとなりました。このようにHOUSING WORKS BOOKSTORE CAFÉ はNYらしくただオシャレだけでなく、社会的意義のあるカフェなのです。私達もオシャレなニューヨーカーになれた気分で、稲葉様と有意義な二時間を過ごすせることができました。お忙しい中、私達の質問に対し、全てご丁寧に答えて頂いて、本当にありがとうございました。(文責:大津)