福野陽一郎

名前:福野陽一郎
会社名:REDAC
参加回数:2回目
在米暦:7年目
参加の動機:普段会えないような多種多様な方とお話が出来ればと思い参加させて頂きました。
一言:皆さんエネルギッシュな方ばかりでしたので、熱気にあふれ、私がアメリカに来たばかりの頃の初心を思い出すことができましたので、大変よかったです。

藤吉 智子

名前:藤吉 智子
会社名:検査医学標準物質機構 秘書 
参加回数:初回
在米暦:3年
参加の動機:当社の試薬をアメリカで販売して下さるディストリビューターを探しに来た。
一言:NYで活躍中のエネルギッシュで前向きで素適な日本人の皆様と交流させて戴けて、とても良い刺激を受けました。今後とも、ぜひぜひ、よろしくお願い致します。

海老原 平

名前:海老原 平 会社名:Water Ball Productions 参加回数:初回 在米暦:二年 参加の動機:異業種交流! 一言:(交流会を経て何を感じたか)会の趣旨で言われていますようにNYに滞在していても中々会えない方々とお会いできて良かったです。今後もそちらの会に出席してNYで頑張られている方々と交流を深めていきたいです。

田場 茂

名前:田場 茂 会社名: NTTドコモUSA 参加回数:交流会は3回、セミナー1回。 在米暦:2年2ヶ月。 参加の動機:NYの日本人ネットワーク構築のため。 一言:大物の方の講演は聞いて感動しても自分には無理だなと思ってしまいますが、今回のリダック七原社長は裸一環からではなく普通のサラリーマンとして取り組み、いくつかの失敗ビジネスもありながら中心となる事業は時の運も得ながら成功しているという身の丈にあった話でしたので、力づけられました。
muramatsu

村松 薫

名前:村松 薫 会社名:アブサルートピアノ 代表 参加回数:8回 在米暦:19年 参加の動機:夢を実現させている方々のお話を聞くため 一言:海外在住日本人という共通点が、さまざまなバリアを除いてくれて、日本で生活していたら会えなかったような方や、業種や世代の違う方々ともお話できる機会があり、自分の視野や世界を広げることのできる素晴らしいコミュニティだと思います。

第88回月例ニューヨーク異業種交流会 9月10日(金) 「ユニセフ募金、100億円を集めた男」 講師:国際社会活動家 吉田礼三

NYで頑張る方々の出会いを提供する場として、02年から始まった月例ニューヨーク異業種交流会。第88回を迎える9月は、国際社会活動家の吉田礼三氏をお迎えします。

吉田氏は、日本では初の輸入通信販売の会社を設立、25年前に渡米されました。87年にシカゴで、日米の多数のダイレクトマーケテイング企業をクライアントとしてコンサルテイング業務を開始。

92年よりNYのユニセフ本部とファンドレイジングに関するコンサルテイング契約を結び、日本での募金と、募金のためのカタログ通信
販売を指導。03年よりは、国際聖路加病院名誉院長の日野原重明博士のアソシエートとして、博士の国際的な社会活動に協力しています。

現在なんと83歳で現役続行中の吉田氏に、日本市場向けのダイレクトマーケテイングや、ユニセフの為に100憶円を集めたエピソード、ジョン万次郎記念館設立の経緯など滅多に聞けない貴重なお話を聞けるチャンスです。乞うご期待を。

今回は大関酒が協賛。大関の日本酒の他、南薩摩の吹上焼酎から、かいこうず(芋)をご提供頂きます。
恒例の自己PRコーナーでは、皆様の活動を応援します。奮ってご参加ください。

今後も、JaNetは日本人コミュニティの繁栄に貢献します。
ニューヨーク生活のきっかけはJaNetから!

Date: 9/10 (Fri) 7pm~
Place:JAA(日系人会会館)15 W.44 St, 11Fl.(bet 5 & 6 Aves.)
Fee:$40(member)、$45(non-member) Buffet & Drink
主催:NPO法人JaNet (501(c)(3)認定団体 )
協賛:大関酒、カラオケチャンプ
限定:80名 先着順
お申し込み:www.igyoshu.com

第24回NYビジネスセミナー 9月2日(木) たった1ヶ月で一流企業と並んだ!SEO最強Webサイトツール WordPressを使おう 講師:藤崎仁美、山田恵

9月のビジネス連続セミナーは「SEO最強Webサイトツール WordPressを使おう」と題して、IT起業家の藤崎仁美氏とウエブデザイナーの山田恵氏にたった1ヶ月で一流企業と並ぶ極意を伝授して頂きます。

業者に頼ることなく、自分たちでの情報更新を実現するのが今話題のWordPress。New York Times、The Times、Xerox、Kobe Bryant。名前を挙げればきりがない、これらの有名ウエブサイトは、すべてWordPressで運営されています。
これら有名サイトはなぜWordPressを選んだのか。その秘密は、SEO対策の強さと複数の担当者による管理を容易にすることにありました。

被リンクを多くしてキーワードをたくさん埋め込めばSEO対策となったのは、遠い昔の話。今は「本当にユーザーが必要とする情報を、必要なときに」配信しているウエブサイトが検索結果上位に入ります。

しかもWordPressはほかの同様の製品と比べて操作が簡単で、ブログが使える人なら誰でも使えるほどハードルが低いのも特徴です。
しかし、その強力な機能の使い方がわかっていなければ、WordPressを使っていても普通のウエブサイトと何も変わりません。

今回のセミナーでは、WordPressがなぜSEOに強いのか、その理由を身近な実例で説明し、その後実際のWordPressの画面を見ながら
WordPressがいかに「簡単に使えるか」を体験していただきます。

NYにおける日本語での最高のWordPressセミナーとなりますので、是非お見逃しなく。
講演の後は、講師を囲んでミニ懇親会を行います。

日時:9月2日(木)7時から9時まで
場所:日系人会会館 15 W. 44 St. 11 Fl.(bet. 5 & 6 Aves.)
講演費: 会員 $25、一般 $30
後援:NPO法人JaNet
詳細やお申込み: http://igyoshu.com/seminar/index.htm

第8回ジャパン・アート祭 JaNet 主催 JAM 2010 NY日本芸術の祭典/秋の風物詩! ★タレントナイト出演者、アーティストブース出展者、運営スタッフ募集!

今年も開催!
第8回ジャパン・アート祭 NY日本芸術の祭典/秋の風物詩!
JAMは夢を持つエンターティナー/芸術家を応援します。

日本人アーティストによる芸術の祭典「ジャパン・アート祭」が、今年も11月13、14日にブルックリンで開催されます。 人種の坩堝NYで、芸術を通じて日本と日本文化をより広く認知してもらう事を目的として開催され、今年で8回目を迎えます。

★JaNetの主催に!★

これまでは、ファウン・ダンス・トゥループが主催として催してきましたが、イベント企画を拡大する理由から、JaNetが主催として引き継いでいく事が決定しました。
これまで7回のJAMを、先頭に立って指揮をとっていた芸術監督の鎌田エル浩次は、これからも芸術監督として在籍し夢に向かって頑張っているパフォーマー/芸術家達を応援します。


★タレントナイト出演者、アーティストブース出展者、運営スタッフ募集!★

JAM 2010では、多数のパフォーマー・芸術家、そしてボランティアスタッフを募集しています。JAMは、祭典そのものをひとつの芸術的な企画として、エネルギーが満ちあふれた日本の芸術家もしくは日本の文化/伝統に携わる日本のパフォーマーの才能と力が必要です。

プログラム内容に関しては、昨年も好評を頂いていたタレントナイトの内容を拡大して催す予定。
募集要項は、近日下記のリンクで公開:
http://www.faunedance.com/jp/jam_jp.htm
問い合せ:jam@faunedance.com(JAM運営委員会)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
日時:11月13日(土)、14日(日)
場所: 未定
主催:NPO法人JaNet (501(c)(3)認可団体)
共催:ファウン・ダンス・トゥループ
問い合せ:jam@faunedance.com(JAM運営委員会)
* 日時に関しては、変更の可能性有り
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 

第23回 NYビジネスセミナー 8月25日(水) 電子書籍であなたも著者になれるのか? 講師:大原ケイ(リンガル・リテラリー・エージェンシー代表)

8月のビジネス連続セミナーは「電子書籍であなたも著者になれるのか?」と題して、日米での日米出版業界の今後の行方と本の出し方に関するセミナーを行います。

今や日本を席捲する勢いのキンドルやiPad。誰もが印税70%の著者になれる時代は来るのか?どうしても言語がネックになるのか、日本発の翻訳作品もほとんど見あたらないアメリカの出版業界で孤軍奮闘する中で見えてきた日米出版業界の未来像を語ります。

海外居住者にとって一番の朗報は、電子書籍の普及によってもっと気軽に日本語の本が読めるようになることでしょう。同時に、世界に飛び出していった日本人が同胞に向けて発信する情報はこれからも必要となっていくでしょう。

本を書きたい、伝えたい情報がある、そんな場合にどこにどう持ち込めばいいのか?いっそのこと自費出版にした方が儲かるのではないか?あるいは自分で訳してみたい本が見つかった時など、どういう手続きを踏めば実現するのか?一方でアメリカ人にこそ読んで欲しい本がある場合はどうすればいいのか? そんな疑問にお答えします。

講師は、アスキー新書から「アメリカの電子書籍事情」を上梓予定です。 

セミナー内容例
*キンドルやiPadは日本語を読みたい海外居住者にとって「買い」か?
*紙の本はどうなっていくのか?
*日本語や英語の本を発刊したい時はどうすればいいのか?
*電子書籍で自費出版は「あり」?
*日米出版業界はどこがどう違うのか?

講演の後は、講師を囲んでミニ懇親会を行います。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
日時:8月25日(水)7時から9時まで
場所:JAA (日系人会会館) 15 W 44 St, 11Fl. (bet 5 & 6 Sts.)
講演費: 会員 $25、一般 $30
後援:NPO法人JaNet (501(c)(3)認可団体)
詳細やお申込み: http://igyoshu.com/seminar/index.htm
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━