第87回異業種交流会

どうも、実行委員の堀越 史です。

8月13日は、第87回NY異業種交流会でした。

 

今回も日中からJaNetオフィスにて、参加予定者の名札作り。

初参加の方や常連の方を含めて50名以上。今日は誰とどんな話ができるのか。

 

同時に別グループの実行委員は2次会の会場探し。

 

ここのところ異業種交流会の会場はJAAで行っているので

前回と同じ、すぐ向かいのBarを予約。

 

続いては会場に入って、飲み物食べ物を用意、テーブル、イスをセットして、開場を待ちます。

今回は僕が実行委員の代表として1分間PRすることになっていたのですが、

まぁ1分間ぐらいすぐだし、アドリブでいいかなんて思っていたら

みなさんの前に出た瞬間、緊張にやられてしまい、このブログの事も話そう、と思ってたのにすっ飛ばしてしまいました(笑)

もしまた話す機会があれば紹介したいと思います。

まぁ、1分間PRの前に、榮枝洋文理事長から、JaNet新ウェブサイトについての紹介があったので、OKでしょう。

 

さて、異業種交流会のメインイベント、ゲストスピーカーの講演。

今回は、不動産会社 REDAC社長、七原肇氏のお話。

 

会場に七原さんがいらっしゃった時に感じた印象は、

僕個人が勝手に抱いていた「社長」へのイメージと違いました。

「社長」=イケイケで、豪快にお酒を飲んだり笑ったりする人。

みたいなイメージがありました(笑)

 

でも七原さんは、とても紳士というか、物静かな印象でした。

あぁ、こうゆうタイプの社長もいるんだ、と思ったのを覚えています。

 

「若いうちに挑戦をしたほうがいい。」

 

七原さんは、国連議員をめざし、大学生の時にバックパッカーとして途上国をまわり、その後商社マンとして東京貿易に入社後、社内ベンチャーとして、現在のリダックを設立。

そんな七原さんが仰っていたのがこの言葉でした。

 

バックパッカーとして世界をまわったり、起業したりと、確かに若いうちにこそ挑戦すべきものなのかと思いました。

 

残念ながら二次会には七原さんはいらっしゃらなかったのですが、二次会では当日のJaNetでの反省や、その他のイベントなんかの打ち合わせをしました。

 

次回のNY異業種交流会は、9月10日です。みなさんも、ぜひ参加して下さい。

 

 

堀越 史